日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 一から学ぶ、認知症  > 『毎日がアルツハイマー』主演は母、映画監督の娘はどう見た
印刷

一から学ぶ、認知症

『毎日がアルツハイマー』主演は母、映画監督の娘はどう見た

ドキュメンタリー映画『毎日がアルツハイマー』監督インタビュー(1)

 伊藤左知子=医療ジャーナリスト

 認知症の母との日常を記録したドキュメンタリー映画『毎日がアルツハイマー』(2012年製作)は、動画投稿サイトYouTubeで100万人以上が視聴した人気動画から生まれた話題作で、深刻になりがちな認知症をユーモアあふれる視点で描いている。2014年には続編『毎日がアルツハイマー2 関口監督、イギリスへ行く編』も公開された。現在、次回作『毎日がアルツハイマー ザ・ファイナル』を製作している監督の関口祐加さんに映画のことや、親の認知症とどう向き合ってきたかについて話を聞いた。

認知症になった母・宏子さん(左)と暮らすため、29年住んだオーストラリアから帰国した関口監督(右) 『毎日がアルツハイマー ザ・ファイナル』より (©2017 NY GALS FILMS)
認知症になった母・宏子さん(左)と暮らすため、29年住んだオーストラリアから帰国した関口監督(右) 『毎日がアルツハイマー ザ・ファイナル』より (©2017 NY GALS FILMS)

オーストラリアからの帰国を決意させた“ケーキ事件”

日本の大学を卒業後、29年間オーストラリアで過ごした関口さんが日本に戻りお母さんの介護をしようと帰国したのは2010年1月。帰国を決意した経緯をお教えください。

関口 自分自身を被写体にして撮った『THE ダイエット!』という映画が2009年に日本で公開されたので、2週間くらいずつ何回か日本に帰ってきたのですが、その間、母と過ごしてみて「あれ?」と思うことがあったんですね。母の誕生日の9月22日に初めてカメラを回したのですが、その2週間後、誕生日のことを聞くと、もう記憶がすっぽり落ちていて、「誕生日会なんてやったっけ?」って。でも、そのときは「ボケた~、ボケた~」なんて歌っていて明るかったので、大丈夫だろうと思っていたんです。

2009年9月の誕生日での宏子さんの様子。この2週間後に誕生日のことを聞くと「誕生日会なんてやったっけ?」という反応が。『毎日がアルツハイマー』より (©2012 NY GALS FILMS)
2009年9月の誕生日での宏子さんの様子。この2週間後に誕生日のことを聞くと「誕生日会なんてやったっけ?」という反応が。『毎日がアルツハイマー』より (©2012 NY GALS FILMS)

 ところが、忘れもしない12月25日、一気に心配になるようなことがあったんです。毎年12月から1月はオーストラリアにいる息子の先人(さきと)と一緒に夏休みで帰省して、楽しくクリスマスパーティーをするんです。その年も楽しくパーティーをしたのですが、片づけも終わって一息ついているときに、母が突然私のところに来て、「どうしよう、先人くんの字でケーキ忘れないでって書いてあるのに、私、忘れちゃった!」と言ったんです。

 クリスマスの少し前に先人が日めくりカレンダーに「ケーキ、おばあちゃん忘れないで」と書いておいたのですが、母はそれを見て私がケーキを買ってきたことも、みんなで食べたことも忘れていました。問題はそのときの母の状態が9月のときとは違っていて、彼女の中に恐怖のようなものが芽生えていたことです。それで、「これはもう母ひとりでは暮らせないな、日本に帰ってこよう」と決めました。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

  • 怖い緑内障 忍び寄る失明を回避するには

    緑内障は放っておくと失明を招く怖い病気だが、病気が進んでも中心部の視力は保たれるため、自分ではなかなか気づきにくい。本記事では、緑内障による失明を回避するために知っておきたい期症状の特徴や、早期発見のために必要な検査、最新治療などについてコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.