日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 一から学ぶ、認知症  > 『毎日がアルツハイマー』主演は母、映画監督の娘はどう見た  > 3ページ
印刷

一から学ぶ、認知症

『毎日がアルツハイマー』主演は母、映画監督の娘はどう見た

ドキュメンタリー映画『毎日がアルツハイマー』監督インタビュー(1)

 伊藤左知子=医療ジャーナリスト

関口 そうです。イケメン介護福祉士さんは演出の一つです。母も私もイケメンが大好きですし、ケアマネジャーさんに「イケメン介護福祉士さんを探してもらえませんか」とお願いしたんです。そうしたら、本当に探してくださって、2週間くらいしてイケメン介護福祉士さんがやってきて、1作目の『毎日がアルツハイマー』のラストシーンの、介護福祉士さんと母とのほのぼのとしたやりとりにつながります。

「認知症の力を借りて、自分を出せるようになってよかった」

優秀だったお母さんが認知症になってしまったことへの葛藤はありませんでしたか?

関口 私は認知症になる前の母が正直なところ、苦手でした。すでに話した通り、母は優等生で良妻賢母。建前で生きている人でした。一方、私は父に似て本音で生きてきた人間なので、本質的に生きていない母と一緒にいるのが息苦しかったんですね。だから、高校生のころから早く家を出ようと思っていました。

 でも母は、認知症になって、飾ることができなくなり、喜怒哀楽を表に出すようになりました。普通の人は母親がそうなったら腰が引けるのかもしれませんが、私は建前を重んじる母を知っているので、認知症の力を借りて、自分を出せるようになってよかったなととても安心したんです。私に対しても自分の心を開襟してくれていることが、うれしかったですね。

めいっ子のこっちゃんと、時に童心にかえってふざけ合う宏子さん 『毎日がアルツハイマー』より (©2012 NY GALS FILMS)

 そもそも私は認知症に対してマイナスのイメージがまったくありません。実は母の母、つまり祖母も認知症でした。祖母は自分の子ども、つまり母たちの顔は全員忘れてしまって、でも、伯父夫婦と同居していたのですが、伯父のお嫁さんとは仲が良くて、とても可愛がってもらっていました。ある日、昼食を食べて、「ちょっと眠くなっちゃった」と言って、そのまま眠るように亡くなりました。当時、小学生だった私は、家族に愛されて、おなかいっぱいになって、眠るように死ぬのは理想だなと思ったんです。それが私の『毎日がアルツハイマー』の原点です。祖母からポジティブな印象をもらっているので、母が認知症になっても、それに対して動揺や葛藤といったものはありませんでした。

 それからもうひとつは、私にとって母が魅力的な被写体であるということです。普通、人はカメラを回すと、良く見せたいと思いますし、きれいに発言したいという気持ちが強くなりますが、それが一切なくなった自然体の母は私にとってとても魅力的なんです。

◇     ◇     ◇

 次回は、関口監督が考えるより良い認知症ケアとは何か、また映画『毎日がアルツハイマー2 関口監督、イギリスへ行く編』に登場するパーソン・センタード・ケアという認知症ケアの考え方について、引き続き関口監督の話を紹介する。

関口祐加(せきぐち ゆか )さん
映画監督
関口祐加(せきぐち ゆか )さん 1957 年横浜市生まれ。1981年大学卒業後、オーストラリアに渡り、1989 年『戦場の女たち』で監督デビュー、2007 年に『THE ダイエット!』発表。2009年9月より認知症の疑いがあった母親の撮影を始め、YouTube に投稿開始。2010年1月、介護のため29年ぶりに帰国、動画をまとめた映画『毎日がアルツハイマー』を2012年7月に公開。現在、認知症の母の看とりをテーマに『毎日がアルツハイマー ザ・ファイナル』を製作中で、2017年5月31日まで資金調達のためクラウドファンディングを実施。認知症をテーマにした連続トークイベントも実施中(最終は2017年5月11日)。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.