日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 一から学ぶ、認知症  > 『毎日がアルツハイマー』主演は母、映画監督の娘はどう見た
印刷

一から学ぶ、認知症

『毎日がアルツハイマー』主演は母、映画監督の娘はどう見た

ドキュメンタリー映画『毎日がアルツハイマー』監督インタビュー(1)

 伊藤左知子=医療ジャーナリスト

 認知症の母との日常を記録したドキュメンタリー映画『毎日がアルツハイマー』(2012年製作)は、動画投稿サイトYouTubeで100万人以上が視聴した人気動画から生まれた話題作で、深刻になりがちな認知症をユーモアあふれる視点で描いている。2014年には続編『毎日がアルツハイマー2 関口監督、イギリスへ行く編』も公開された。現在、次回作『毎日がアルツハイマー ザ・ファイナル』を製作している監督の関口祐加さんに映画のことや、親の認知症とどう向き合ってきたかについて話を聞いた。

認知症になった母・宏子さん(左)と暮らすため、29年住んだオーストラリアから帰国した関口監督(右) 『毎日がアルツハイマー ザ・ファイナル』より (©2017 NY GALS FILMS)

オーストラリアからの帰国を決意させた“ケーキ事件”

日本の大学を卒業後、29年間オーストラリアで過ごした関口さんが日本に戻りお母さんの介護をしようと帰国したのは2010年1月。帰国を決意した経緯をお教えください。

関口 自分自身を被写体にして撮った『THE ダイエット!』という映画が2009年に日本で公開されたので、2週間くらいずつ何回か日本に帰ってきたのですが、その間、母と過ごしてみて「あれ?」と思うことがあったんですね。母の誕生日の9月22日に初めてカメラを回したのですが、その2週間後、誕生日のことを聞くと、もう記憶がすっぽり落ちていて、「誕生日会なんてやったっけ?」って。でも、そのときは「ボケた~、ボケた~」なんて歌っていて明るかったので、大丈夫だろうと思っていたんです。

2009年9月の誕生日での宏子さんの様子。この2週間後に誕生日のことを聞くと「誕生日会なんてやったっけ?」という反応が。『毎日がアルツハイマー』より (©2012 NY GALS FILMS)

 ところが、忘れもしない12月25日、一気に心配になるようなことがあったんです。毎年12月から1月はオーストラリアにいる息子の先人(さきと)と一緒に夏休みで帰省して、楽しくクリスマスパーティーをするんです。その年も楽しくパーティーをしたのですが、片づけも終わって一息ついているときに、母が突然私のところに来て、「どうしよう、先人くんの字でケーキ忘れないでって書いてあるのに、私、忘れちゃった!」と言ったんです。

 クリスマスの少し前に先人が日めくりカレンダーに「ケーキ、おばあちゃん忘れないで」と書いておいたのですが、母はそれを見て私がケーキを買ってきたことも、みんなで食べたことも忘れていました。問題はそのときの母の状態が9月のときとは違っていて、彼女の中に恐怖のようなものが芽生えていたことです。それで、「これはもう母ひとりでは暮らせないな、日本に帰ってこよう」と決めました。

1/3 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.