日経グッデイ

ろっ骨エクササイズ

ろっ骨エクササイズ「カキラ」で全身のゆがみをとる

「クレセント・ムーンの型」で肋骨と骨盤の間を離してウエストを引き締める!

猫背の姿勢で長時間座る、運動不足などで背中や肩はガチガチ、呼吸も浅くなっていない? そんなときはまず、肋骨エクササイズ「カキラ」でゆがみをリセットしよう。ポーズをとりながら深呼吸をするだけで背骨や骨盤のゆがみがとれて凝りが解消、代謝も上がる。最終回の今回は、全身のゆがみとりに挑戦!

仕上げはカッコよく! クレセント・ムーンになりきって深呼吸

肋骨と骨盤の間をつなぐ筋肉、腰方形筋が縮んでいると、くびれができない。腰方形筋を伸ばして柔軟にすることで、間隔を広げていこう。
[画像のクリックで拡大表示]

 これまで3回に渡ってご紹介してきた、ろっ骨エクササイズ「カキラ」。最後の仕上げは、カッコいい!と“カキラー”に大人気の「クレセント・ムーンの型」にチャレンジ。

 重ねた腕を下からすくいあげるように斜めに引き上げたら、上半身を「C」の字にカーブさせ、“三日月(クレセント・ムーン)”になりきって深呼吸。

 「カキラは、ホルストや平原綾香さんの楽曲“ジュピター”などに合わせてやってみて」と、健康アーティストの己抄呼 ─Misako─ さん。

 気分も上がって、曲が終わるころにはくびれも復活、汗だくのはず!


ウエストを引き締める「クレセント・ムーン(三日月)の型」

 急にやせるのは難しくても、肋骨と骨盤の間隔が開けばくびれはすぐに復活! 上半身を思いきり「C」の形にカーブさせたまま深呼吸。「血流も良くなる」(己抄呼さん)。

[画像のクリックで拡大表示]

1.腕を横から大きく回す

 あぐらで座り、左右の坐骨に均等に体重をかけて骨盤を立てる。ゆっくり息を吸いながら、大きく円を描くように両腕を上げる。


[画像のクリックで拡大表示]

2.右手、左手の順番で重ねる

 右側を下にして、胸の前で両腕のひじ下を重ねる。息を吐く。


[画像のクリックで拡大表示]

3.重ねた手を左斜め後ろへ引く

 息を吸い、重ねた腕を左斜め後ろへ引き上げる。顔は右下に向ける。


4.右脇を縮めて深呼吸

 息を吐きながら右脇をぎゅっと縮めたら、そのままゆっくり3回深呼吸。腕は左斜め後ろに引き、左脇がどんどん伸びるのを感じて。肩が上がらないように注意。反対側の向きで行ったら脚を組み替えて行う。

[画像のクリックで拡大表示]


(写真:鈴木 宏/モデル:仁美/イラスト:三弓素青)

己抄呼 ─Misako─ さん
健康アーティスト
己抄呼 ─Misako─ さん 健康運動指導士。温泉利用指導者。THD,Japan日本総合健康指導協会最高責任者。
2008年に「KaQiLa(カキラ)」を考案。誰でもできて効果大と評判になり、受講者は全国で述べ45万人以上。
著書に『1日1分でくびれすっきり! ろっ骨エクササイズ』などがある。


(出典:日経ヘルス2013年7月号)