肋骨と骨盤の間をつなぐ筋肉、腰方形筋が縮んでいると、くびれができない。腰方形筋を伸ばして柔軟にすることで、間隔を広げていこう。

記事に戻る