日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > ろっ骨エクササイズ  > ろっ骨エクササイズ「カキラ」で肩甲骨ゆがみをとる
印刷

ろっ骨エクササイズ

ろっ骨エクササイズ「カキラ」で肩甲骨ゆがみをとる

「羽根をひらく型」「翼をとじる型」、2ポーズで肩と首の凝りを改善  

猫背の姿勢で長時間座る、運動不足などで背中や肩はガチガチ、呼吸も浅くなっていない? そんなときはまず、肋骨エクササイズ「カキラ」でゆがみをリセットしよう。ポーズをとりながら深呼吸をするだけで背骨や骨盤のゆがみがとれて凝りが解消、代謝も上がる。前回紹介した「天と地をつなぐ型」はカキラの基本型。これで肋骨が広がる感覚をつかんだら、今回は肩甲骨まわりのゆがみをとる型に挑戦しよう!

ゆっくり流れるようにリラックスして動こう!

肩甲骨が外側へ開く(外転)と、肩甲骨の裏側もほぐれる。この状態で深く吸うと、肋骨が後ろ(背中)側にも膨らみやすい。
[画像のクリックで拡大表示]

 前回ご紹介した「天と地をつなぐ型」で肋骨が広がる感覚がつかめたら、肩甲骨まわりのゆがみをとる「羽根をひらく型」「翼をとじる型」にも挑戦! 深く吸うときに肋骨が後ろに膨らむのを感じよう。

 ポイントは、ゆっくり流れるように動くこと。カキラは、関節にとって自然な動きを考慮して作られている。姿勢や、途中の腕の動きも丁寧に。「頑張ると筋肉が硬くなる。リラックスして行うほうが、代謝も高まる」(健康アーティストの己抄呼─Misako─さん)。


肩甲骨を“はがす”と 背中まで膨らむ「羽根をひらく型」

 「待って」のポーズで腕を横に動かすと、肩甲骨が外に開くのがわかるはず。肩甲骨の裏側がほぐれて肩こりが改善。そのまま深呼吸をすると肋骨が後ろにも膨らんで、血流もアップ!

1.左手を前に出し、右手で手首を支える

[画像のクリックで拡大表示]

 あぐらで座り、左右の坐骨に均等に体重をかけて骨盤を立てる。胸の高さで左手を前に出し、手首を立てる。右手で左手首を下から支えるように持つ。


2.腕だけ右へ動かして吸う

[画像のクリックで拡大表示]

 息を吸いながら骨盤を立てて背すじを伸ばし、顔は正面のまま、腕を右にスライドさせる。このまま3回深呼吸。反対側も同様に行う。


1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「糖尿病」は予備群のうちに手を打つ

    話題の「食後高血糖」や「血糖値スパイク」って? 気になる最新情報を総まとめ

  • 男性ホルモンを増やす5つのポイント

    年齢とともに、男性ホルモンの低下から、体調が優れない、イライラする、よく眠れないという症状が表れる。こうした状態を放っておくと、身体機能の低下やうつ病、メタボリック症候群などの病気リスクが高まってしまう。男性ホルモンについて正しく理解し、どのように生活習慣を改めれば男性ホルモンが増え、ハツラツとした生活を取り戻せるのかについて、5つのポイントにまとめて紹介しよう。

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.