日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > ろっ骨エクササイズ  > ろっ骨エクササイズでやせ体質に早変わり、肩こり、猫背も解消!
印刷

ろっ骨エクササイズ

ろっ骨エクササイズでやせ体質に早変わり、肩こり、猫背も解消!

1日3分! ポーズと深呼吸で自然にゆがみがとれる「カキラ」に挑戦 

猫背の姿勢で長時間座る、運動不足などで背中や肩はガチガチ、呼吸も浅くなっていない? そんなときはまず、ろっ骨エクササイズ「カキラ」でゆがみをリセットしよう。ポーズをとりながら深呼吸をするだけで背骨や骨盤のゆがみがとれて凝りが解消、代謝も上がる。

ろっ骨エクササイズ「カキラ」でゆがみをリセット!

カキラとは?

 ろっ骨を動かし全身の関節を調整することで体の機能改善を促し、不調を消して楽になるエクササイズのこと。「関節」「機能改善」「楽になる」の頭文字から命名。ポーズをとって深呼吸すると肋骨が大きく動き、背骨や骨盤のゆがみが取れて代謝が上がり、肩こりも解消する。

ユニークな動きやポーズの理由は?

水泳やピラティスなどの指導をしてきた己抄呼さん(写真上の右側)。「肋骨(ろっこつ)」を大きく動かすだけで、背骨のゆがみがとれて不調が改善することに気づいたのが、「カキラ」を考案したきっかけだという。
[画像のクリックで拡大表示]

 筋力や体力がない人でもできるように開発されたカキラは、「こんなので効くの?」と思うほど超ラク!なのに、「1回で肩こりが軽くなった」「むくみがとれた」「1週間でウエストが3cm減!」と効果は絶大。

 大きく円を描いて腕を上げたり体をひねったりするのは、「関節を痛めずに肋骨が大きく動かせるように、緻密に計算してある」(健康アーティストの己抄呼<みさこ>さん)ためだ。

 なぜ肋骨が動くと、背骨のゆがみが取れるのか。「背骨は、たくさんの関節で肋骨と接して いる。肋骨を深呼吸とともに大きく動かせば、背骨の関節を一気に刺激できる(下図参照)。その結果、周りの筋肉もほぐれてゆがみがとれて、柔軟性や血流もアップする」(己抄呼さん)。

 カキラは、「息をするだけでできる背骨のセルフ整体」(己抄呼さん)でもあるのだ。

[画像のクリックで拡大表示]

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 女性の「尿漏れ」「頻尿」には骨盤底筋トレーニングが効く!

    トイレに行く回数が多い、くしゃみをすると少し漏らしてしまう、突然尿意に襲われて我慢できない…。女性の尿の悩みは、「頻尿」や「尿漏れ(尿失禁)」が多いのが特徴だ。これらを改善するにはどうすればいいのだろうか?

  • 男性も無関係ではない骨粗鬆症、飲酒・喫煙・高血糖はリスク

    骨がスカスカになってもろくなり、骨折の危険性が増すのが「骨粗鬆症」だ。急速な高齢化に伴って患者数が増えており、日本骨粗鬆症学会などによると、日本における患者数は現在1300万人と推定されている。骨粗鬆症というと女性のイメージがあるが、男性の患者数は300万人と見られている。本特集では、骨粗鬆症が起きる仕組みから、気をつけたい生活習慣、そして骨を強くするための対策までを一挙に紹介する。

  • 「股関節」は全身の要! 股関節の状態が健康寿命を左右する

    自分の足で歩ける体を維持したいなら、筋肉はもちろん、体を支える骨とその骨同士をつなぐ関節の維持が極めて重要だ。特に上半身と下半身をつなぐ股関節は、人間の体の中で最も大きな関節で、体の中で最も酷使されている関節の一つ。股関節を維持できるかどうかが、「歩く力」の維持に重要となってくる。本特集では、股関節の基礎知識から健康の保ち方までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.