日経グッデイ

ろっ骨エクササイズ

ろっ骨エクササイズでやせ体質に早変わり、肩こり、猫背も解消!

1日3分! ポーズと深呼吸で自然にゆがみがとれる「カキラ」に挑戦 

猫背の姿勢で長時間座る、運動不足などで背中や肩はガチガチ、呼吸も浅くなっていない? そんなときはまず、ろっ骨エクササイズ「カキラ」でゆがみをリセットしよう。ポーズをとりながら深呼吸をするだけで背骨や骨盤のゆがみがとれて凝りが解消、代謝も上がる。

ろっ骨エクササイズ「カキラ」でゆがみをリセット!

カキラとは?

 ろっ骨を動かし全身の関節を調整することで体の機能改善を促し、不調を消して楽になるエクササイズのこと。「関節」「機能改善」「楽になる」の頭文字から命名。ポーズをとって深呼吸すると肋骨が大きく動き、背骨や骨盤のゆがみが取れて代謝が上がり、肩こりも解消する。

ユニークな動きやポーズの理由は?

水泳やピラティスなどの指導をしてきた己抄呼さん(写真上の右側)。「肋骨(ろっこつ)」を大きく動かすだけで、背骨のゆがみがとれて不調が改善することに気づいたのが、「カキラ」を考案したきっかけだという。
[画像のクリックで拡大表示]

 筋力や体力がない人でもできるように開発されたカキラは、「こんなので効くの?」と思うほど超ラク!なのに、「1回で肩こりが軽くなった」「むくみがとれた」「1週間でウエストが3cm減!」と効果は絶大。

 大きく円を描いて腕を上げたり体をひねったりするのは、「関節を痛めずに肋骨が大きく動かせるように、緻密に計算してある」(健康アーティストの己抄呼<みさこ>さん)ためだ。

 なぜ肋骨が動くと、背骨のゆがみが取れるのか。「背骨は、たくさんの関節で肋骨と接して いる。肋骨を深呼吸とともに大きく動かせば、背骨の関節を一気に刺激できる(下図参照)。その結果、周りの筋肉もほぐれてゆがみがとれて、柔軟性や血流もアップする」(己抄呼さん)。

 カキラは、「息をするだけでできる背骨のセルフ整体」(己抄呼さん)でもあるのだ。

[画像のクリックで拡大表示]

腕を上げて呼吸 代謝が上がる!「天と地をつなぐ型」

 息を吸いながら腕を頭の上に伸ばしたら、手のひらで天と地を押すイメージで深呼吸。肋骨が自然に動き、「背骨を構成する椎骨と椎骨の間が広がる。代謝が上がり、猫背も改善される」(己抄呼さん)。

1.骨盤を立て、大きく腕を回して上げる

[画像のクリックで拡大表示]

 あぐらで座る。左右の坐骨に均等に体重をかけ、骨盤を立てる。息を吸いながら、大きく円を描くようにゆっくり左手を上げる。


2.腕を回して深呼吸

[画像のクリックで拡大表示]

 手のひらを天井に向けたまま、指先が右側を向くように腕を回転させる。左手のひらで天井、右手のひらで床を軽く押すようにして、3回深呼吸する。鼻から吸って、吐くのは口からでも鼻からでもいい。


3.ゆっくり手を下ろす

[画像のクリックで拡大表示]

 息を吐きながら、手のひらを自分の方に向けてゆっくり下ろす。左右交互に3回ずつ行う。


Check!
胸の上がりやすさで カキラの効果を見てみよう

 始める前に、鏡の前で腕を上げたときの高さや左右の差、曲がりやすさを確認しておこう。肩や背中がほぐれて、手が上がりやすくなるはず!

 今回紹介した「天と地をつなぐ型」はカキラの基本型。これで肋骨が広がる感覚をつかんだら、次回は肩甲骨まわりのゆがみをとる型に挑戦しよう!


(写真:鈴木 宏/モデル:仁美/イラスト:三弓素青)

己抄呼 ─Misako─ さん
健康アーティスト
己抄呼 ─Misako─ さん 健康運動指導士。温泉利用指導者。THD,Japan日本総合健康指導協会最高責任者。
2008年に「KaQiLa(カキラ)」を考案。誰でもできて効果大と評判になり、受講者は全国で述べ45万人以上。
著書に『1日1分でくびれすっきり! ろっ骨エクササイズ』などがある。


(出典:日経ヘルス2013年7月号)