日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 夏に向けて、ラクに痩せる!  > 夏、暑がりな男は「20分入浴」で痩せる!
印刷

夏に向けて、ラクに痩せる!

夏、暑がりな男は「20分入浴」で痩せる!

【生活習慣編】男の「隠れ冷え」が痩せにくい原因になっていた 

 宮本恵理子=フリーエディター

夏本番まで待ったなし! いつの間にか、すっかりせり出てきたお腹を気にしつつ、「明日から頑張ろう」「週末にまとめてやろう」と悠長なことを言っていると、すぐに梅雨が明けて夏を迎えることに。メタボ腹をへこませるためには、「運動」「食事」「生活習慣」からのアプローチが欠かせないが、ちょっとしたルールを踏まえておくだけで、日々の努力が「最短」かつ「最大」にできる方法を3回に渡ってご紹介。最終回は「生活習慣編」。この夏、ラクにやせる新ルールで、引き締まった体で周囲を驚かせてみよう!

暑がりで冷たいもの好きは要注意

 日常生活の中ですぐに実践できるダイエットの新メソッドを紹介するシリーズ。これまで運動編(お腹引き締め新ルール、「5秒」で息を吐き切り体を動かす! )、食事編(メタボ解消の新ルール、夜のドカ食いを防ぐ「間食」で痩せる!)と順にお届けしてきた。最終回の「生活習慣編」では、少しの工夫だけで痩せ効果が期待できる方法をご紹介しよう。東京有明医療大学の川嶋朗教授によると、効率良くダイエットをするために、まず実践するべきことは「体を冷やさないこと」だという。

 今、最も深刻な「冷え」を抱えているのが「働き盛りの男性」だと川嶋教授は指摘する。「冷えなんて若い女性の問題だろう」と他人事と考えているとしたら、油断するなかれ。

胃腸を冷やす食習慣などで、消化・吸収の機能が低下してしまうと、体の「巡り」が悪くなり、結果的に痩せにくい体質になると川嶋朗教授は指摘する。そこで、夏こそ湯船に浸かり、お腹を温める習慣を意識してみよう。(©georgerudy-123rf)
[画像のクリックで拡大表示]

 「実際、男性に多いのは“隠れ冷え”のタイプ」だと川嶋教授は警鐘を鳴らす。ここで言う“隠れ冷え”とは、体の表面や末梢などで感じる「冷え」とは少し趣が異なり、主に「胃腸」が冷えている状態を意味する。目立った自覚症状がないのも、通常の「冷え」との違い。後に触れるように、この隠れ冷えが、脂肪の燃焼を妨げるのだ。

 隠れ冷えの直接的な原因は、冷たい「食べ物」や「飲み物」のとりすぎ。冷たいものを腹に流し込めば「涼感」は得られるものの、一度冷やされた胃腸の中が平温に戻ろうとするときに、「体が暑い」と勘違いして、再び冷たいものを取りたくなる。この悪循環が、隠れ冷えにつながる。

 特にこれからは、ビール、アイスコーヒー、冷やし中華、ざるそば…など、「涼感」メニューが魅力を増す季節。暑がりで、こうした冷たいものを好む人は要注意。隠れ冷えである可能性が大なのだ。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.