日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 夏に向けて、ラクに痩せる!  > メタボ解消の新ルール、夜のドカ食いを防ぐ「間食」で痩せる!
印刷

夏に向けて、ラクに痩せる!

メタボ解消の新ルール、夜のドカ食いを防ぐ「間食」で痩せる!

【食事編】~「ナッツ」「フルーツ」「高たんぱく質」で小腹を満たす

 宮本恵理子=フリーエディター

夏本番まで待ったなし! いつの間にか、すっかりせり出てきたお腹を気にしつつ、「明日から頑張ろう」「週末にまとめてやろう」と悠長なことを言っていると、すぐに梅雨が明けて夏を迎えることに。メタボ腹をへこませるためには、「運動」「食事」「生活習慣」からのアプローチが欠かせないが、ちょっとしたルールを踏まえておくだけで、日々の努力が「最短」かつ「最大」にできる方法を3回に渡ってご紹介。今回は「食事編」。この夏、ラクに痩せる新ルールで、引き締まった体で周囲を驚かせてみよう!

夕食がいつも20時を過ぎる人は夕方の空腹感を抑える

 夏に向けてラクに痩せたい!という願いに応えるダイエットの新ルール。前回の運動編(「お腹引き締め新ルール、「5秒」で息を吐き切り体を動かす!」)に続いて、第2弾は食事でのアプローチをご紹介しよう。

 食事でダイエットをするといえば、真っ先に「食事を減らす」と考える人は多いだろう。単純に摂取カロリーを減らせば痩せられるとの考え方は、一面では正しい。だが、日中はハードに働くビジネスパーソンにとっては、ストイックな食事制限は現実的ではないし、むしろ向かない。

忙しい現代人の食生活は、「炭水化物の過多」「昼食後、夕食までの長時間化による空腹感の増加」、そして「朝食<昼食<夕食」といった夕食量の偏りにあることも、メタボを進める原因とされている。食事で無理なくダイエットをするためには、「間食」を上手く活用するといい。(©subbotina-123rf)
[画像のクリックで拡大表示]

 では、どんな方法が向くのだろう?

 ダイエット指導に実績のある渋谷DSクリニックにおいて、食事・栄養指導を行っている管理栄養士の榎田彩加さんによれば、ズバリ「間食をとること」がお薦めだという。言葉にすると拍子抜けするかもしれないが、16時~18時の小腹が空いてきた頃に合わせて、おにぎりやサンドイッチといった炭水化物の「間食」をとる。毎晩の夕食が21時を過ぎるようなビジネスパーソンは、それまでに空腹感を強めておかないことがポイントだ。

1日の食事量は同じでも、夜が多いほど「太る」

 ダイエットをするために「間食」をとるという、まさに痩せるための対極にあるかのような提案。だが実際、こうした食事法はクリニックでも「分食」との目的で取り入れられており、ダイエット成功の実績を上げている。

 「肥満気味の40~50代男性に共通しているのが、『夕食のドカ食い』です。昼食から夕食までの時間が空きすぎるために、空腹が強まり、やっと食べられると思ってお腹一杯にしてしまう。また、そうした状況になるほど、咀嚼が減って早食いになる。これらの要因が食べ過ぎを習慣化してしまうのです」(榎田さん)

 この話に、「そうそう」とうなずいた読者は要注意。この「夕食ドカ食い」パターンを避けなければ、メタボ腹はいつまでも解消しない。

1/3 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.