日経Gooday TOP  > からだケア  > 夏に向けて、ラクに痩せる!  > お腹引き締め新ルール、「5秒」で息を吐き切り体を動かす!  > 3ページ目

夏に向けて、ラクに痩せる!

お腹引き締め新ルール、「5秒」で息を吐き切り体を動かす!

【運動編】~3つの呼吸エクササイズで、大きな筋肉を刺激する

 宮本恵理子=フリーエディター

メソッド1 5秒! 胸反らしエクササイズ~胸と肩甲骨周りの筋肉を伸ばす

 胸やろっ骨周りの筋肉を伸ばして、深い呼吸ができる体に整える。同時に、普段の生活で不足しがちな「肘を耳の後ろまで開く」という動きによって、肩甲骨周りの大きな筋肉と体幹の筋肉をストレッチしていく。お腹をへこませながら息を吐き続けること。

(左)椅子に座った姿勢で、頭の後ろで両手を組む。頭に手のひらをつけ、両腕の肘をゆっくり後ろに開きながら、背中を最大まで反らして息を吸う。胸が気持ちよくストレッチされるのを感じよう。(右)両手を体の前に思い切り伸ばし、背中を丸めながら、5秒かけて息を吐き切る。目線はへそに向け、息を吐く動作と共にお腹がへこんでいくのを意識する。一連の動きを3回繰り返す。
[画像のクリックで拡大表示]

メソッド2 5秒! 尻スクワット~お尻の力で立つ。椅子から立つときの習慣に

 椅子から立ち上がる際、多くの人は股関節をしっかり伸展させるために重要なお尻の筋肉「大臀筋(だいでんきん)」をうまく使えていない。上半身を前に振り出したときの反動や、両手を支えにて立ち上がりがちだ。「お尻にある大きな臀筋群は、座っている間に圧迫され続け、とても衰えやすい。いつも鍛えておきましょう」(饗庭さん)。

(左)5秒かけて深く息を吸いながら、上体を前屈みにしてお尻の上部を椅子から浮かせる。お尻を引き締めるように力を込める。(右)息を深く吐きながら、ひざを伸ばして立つ。ひざがつま先を越えないようにしよう。日常生活の中でも、椅子から立ち上がる度に行うと効果的。一連の動きを3回繰り返す。
[画像のクリックで拡大表示]
新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.