日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > 充実した検診メニューで乗務員の健康管理を徹底【WILLER EXPRESS 平山代表】  > 2ページ目
印刷

私の「カラダ資本論」

充実した検診メニューで乗務員の健康管理を徹底【WILLER EXPRESS 平山代表】

第3回 乗務員の宿泊棟を新設、ヘルシーメニューの提供も

 平山幸司=WILLER EXPRESS

乗務員宿泊棟を新設し、快適な睡眠、食事を支援

乗務員宿泊棟「新木場BASE」と個室内部、湯船のある浴室もある
乗務員宿泊棟「新木場BASE」と個室内部、湯船のある浴室もある

 高速バスは夜間の運行もあり、乗務員の生活はどうしても不規則になりがちです。以前は夜間のシフトがあるときは、乗務後、近隣のホテルや会社が契約する賃貸アパートに宿泊して仮眠を取っていたのですが、移動時間が必要だったり、コンビニ弁当やカップラーメンなど偏った食生活になってしまったりしていました。

 こうした環境ではせっかく健康への意識が高まっても、生活習慣を改善するのは難しい。そう考えて、2018年には本社営業所とバス駐車場がある一角に、3階建ての乗務員宿泊棟「新木場BASE」を新設しました。

 新木場BASEにはビジネスホテル並みの環境を整えた77の個室を設け、男女別のシャワールームだけでなく、浴室も備えました。乗務員には「お風呂につかると疲れが取れる」と好評です。

 また、1Fには社員食堂の機能をもつ「新木場Dining」を併設。朝、昼、夜の3食を、日替わりで提供しています。麺類や丼もの、こだわりカレーといった定番メニューのほか、ヘルシーメニューもあります。ヘルシーメニューはすべて500キロカロリー台、野菜量は230g、塩分は3%未満、脂質量は約22%を目安に考案されています。

社員食堂の機能をもつ「新木場Dining」。メニューには麺類、丼物、カレーのほか、500キロカロリー台の「ヘルシーセット」もある。
社員食堂の機能をもつ「新木場Dining」。メニューには麺類、丼物、カレーのほか、500キロカロリー台の「ヘルシーセット」もある。

味と見た目にもこだわったヘルシーメニューを実現

 ヘルシーメニューというと、味や見た目はいまひとつになってしまいがちですが、私はおいしく、見栄えもするメニューにこだわりたいと思っていました。そこで、自分の足で複数の給食委託会社や企業の社員食堂を訪問し、実際のヘルシーメニューを試食させていただきました。するとやっぱり、薄味だったり、ボリュームが足りなかったり、見た目でおいしそうと感じられなかったりと、なかなか思うようなメニューには巡り合えませんでした。

 しかし、地道に探し続けたところ、外食事業も手がけるLEOC(レオック)さんに出合うことができました。LEOCは企業や病院、学校、スポーツ団体など2000以上の施設に食事を提供してきた実績があり、味はもちろん、料理の見せ方にもこだわりを持っています。試食したメニューは彩りが良く食欲をそそられましたし、実際に食べてみても、素材の味が生かされていて本当においしいと思えました。

 LEOCさんも私の思いに共感してくださり、見た目にもおいしいヘルシーメニューの提供が実現。これがご縁となって、WILLERが展開するレストランバス(走行する2階建てのバス車内でコース料理を召し上がっていただきながら、街や観光スポットを巡るバス)の東京コースでの料理監修も行っていただいています。

 こうした健康経営の取り組みは、社員はもちろん、そのご家族にも喜んでいただけているようです。検診で病気のリスクが見つかったことに感謝されたり、乗務員が送った新木場Diningの食事の写真を見て安心されたり。「この会社に勤めていてよかった」といった声が聞かれると、私もうれしく感じますね。

 会社のサポートが社員の安心・安全につながり、ひいてはそれがお客様の安心・安全を叶えていく。これからもより一層、健康経営を推進していきたいと思っています。

(まとめ:田村知子=フリーランスエディター/写真:村田わかな)

私の「カラダ資本論」【WILLER EXPRESS 平山代表】

第1回 社員の健康増進のため、代表自らダイエットに挑戦
第2回 肉離れでバスケを断念、ボクシングジムへ
第3回 充実した検診メニューで乗務員の健康管理を徹底
平山幸司(ひらやま こうじ)さん
WILLER EXPRESS 代表取締役
平山幸司(ひらやま こうじ)さん 1970年生まれ。大学卒業後、近畿日本ツーリスト、楽天を経て、2008年にWILLER入社。2016年から現職。快適かつ感動的な移動の提供に取り組み、都市間を結ぶ高速バス「WILLER EXPRESS」、空港シャトル「成田シャトル」、移動と食をかけ合わせた「レストランバス」など移動に新たな価値を創造するとともに、健康経営とIoTによる運行サポートを強化し、安心・安全なサービスをお客様へ提供している。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.