日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > 肉離れでバスケを断念、ボクシングジムへ【WILLER EXPRESS 平山代表】
印刷

私の「カラダ資本論」

肉離れでバスケを断念、ボクシングジムへ【WILLER EXPRESS 平山代表】

第2回 トレーニングでふくらはぎ、背中の筋力がアップ

 平山幸司=WILLER EXPRESS

様々な分野で活躍する一流人が実践する健康マネジメント術を紹介する本コラム。今月は、高速バス事業を展開するWILLER EXPRESSの平山幸司代表取締役にお話を伺った。「安心・安全な移動サービスの提供」を最大の使命とする同社では、バス乗務員の健康管理をはじめとした健康経営にも注力。第1回はその一環として、平山代表自ら取り組んだ減量や社内の健康増進キャンペーンを紹介したが、第2回は今年から通い始めたというボクシングのトレーニングについて聞いた。

 会社が重要な経営課題として乗務員の健康管理をはじめとする健康経営に取り組み始めてから、社員の健康に対する意識が高まり、食生活を改善したり、ランニングなどの運動を始めたりする人が増えました。私も昔から体を動かすことは好きで、中学校ではバスケットボール部、高校では水泳部に所属していました。今は休日には毎週のようにゴルフに出かけています。

 そのゴルフ仲間がボクシングを始めたという話を聞き、興味を引かれて、私も彼と同じボクシングジムに通い始めました。もともと格闘技が好きで、空手かボクシングのどちらかをやってみたいと思っていたので、ちょうどいいタイミングでした。

3分間の縄跳びを12ラウンド繰り返す

 ジムではまず、基礎トレーニングとして縄跳びから始めるのですが、これが本当にきついんです。かかとは着かずにつま先だけで3分間、一定のリズムを刻むように跳び続けます。3分たったら、通常は1分休みますが、私が通っているジムでは休憩は30秒。これを1セットとして、最大12回繰り返します。ボクシングの試合は1ラウンドが3分間なので、その感覚を体に覚えこませるんですね。

 つま先だけで縄跳びをすると、ふくらはぎが鍛えられます。ボクシングでは、このふくらはぎの筋肉が重要な役割を果たします。試合中にずっとつま先立ちになるフットワークや、パンチを打つときの踏み込みなどの動きは、ふくらはぎの筋肉から生み出されるからです。また、ボクシング用の縄跳びは通常のものよりも縄が太く重たいので、手首に負荷がかかり、リストの強化にもなります。

 3ラウンドが終わる頃にはもうヘロヘロで、30秒の休憩を3分にしてもらうこともあります(笑)。10ラウンド、12ラウンドとなると、汗が滝のように流れます。きつい縄跳びが終わると、今度はまたすぐ、トレーナーとのミット打ちなどの練習を行います。

 ミット打ちも縄跳びと同様に、3分打って、30秒休憩を繰り返します。当初は力が入ってしまってなかなかうまくいかなかったのですが、トレーナーがうまくパンチを受けてくれると、パンッ!と響きとてもいい音がする。これがすごく爽快ですね。トレーナーからはセンスがあるとの褒め言葉をいただいて、もっと若い頃に始めておけばよかったと思っています(笑)。

身振り手振りでボクシングの解説をしてくれた

1/2 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策NEW

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.