日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > 何歳になっても音楽活動は心のビタミン【米倉誠一郎 法政大学教授】

私の「カラダ資本論」

何歳になっても音楽活動は心のビタミン【米倉誠一郎 法政大学教授】

第3回 仕事以外の趣味が健康の秘訣

 米倉誠一郎=法政大学教授

様々な分野で活躍する一流人が実践する健康マネジメント術を紹介する本コラム。今月は経営戦略や組織の歴史的な研究に取り組む経営学者の米倉誠一郎さんにお話を伺っていく。経営者から熱い支持を受け、講演や講義、そして授業で忙しい毎日を送る米倉さんの趣味は音楽、しかも聴くのではなく、自ら演奏することだという。3回目は、米倉さんに音楽活動と健康について聞いた。

 大学に入学してから半年間は、高校からの流れでアメリカンフットボールをやりましたね。ところが、やはり音楽をやりたくなったんです。「よし、バンドマンになろう」と。僕はご多分に漏れず中学生からビートルズフリークでした。ロギンス&メッシーナやザ・バンド、それにウエストコーストロック系に、グレイトフル・デッドなんて、訳のわからないバンドが好きになったこともあります。

 3年間ほどバンドを組んでいたんですが、やってみると、自分に才能がないことがよくわかったんです。それで、「夏休みが一番長い仕事は何だ」と考えて、大学の教員になりました(笑)。

 大学時代に上智大学の友達が「上智でカトリック学生がソフトロックをやっているけど、ベースがいなくて困っているから手伝いに行ってやってくれないか」という話を僕にしたんです。それで取りあえず1回のライブのためにヘルプに行ったんですけど、まあ、当時の僕はマルクス主義者でしたから、クリスチャンとは肌が合わない(笑)。その1回きりで終わったんです。

 ところが、です。1995年に一橋大学が120周年を迎えるから、その歩みを綴ったビデオを作るということになり、僕が『一橋大学120周年ビデオ製作委員長』というのになったんです。それで、「すごいメディアプロデューサーがビデオを製作してくれることになり、今日大学に来るので挨拶をしに行け」と、学長に命じられたんです。

旧知の人物との意外な再会が、バンド活動の再開に

 そして行ったら、そこに上智のバンドリーダーをやっていた人物がいるじゃありませんか。彼は卒業後に音楽や映像を製作する企業のディレクターやプロデューサーをやり、その後独立して、有名な化粧品会社のCMなどの製作をずっとやっていたんです。

 いや、びっくりしましたよ、こんな偶然あるのかと。上智のバンドで、1回だけしか顔を合わせていないのに、30年ぶりに会っても音楽を通した縁、「いや~、久し振りだね」と、お互い変わり果てた姿でしたが(笑)、すぐに打ち解けることができました。それで、一通りの話が終わって、別れ際に「今度バンドでもやりましょう」という話になって結成されたのが、今、僕が活動しているバンド「The Searching Cranburys」なんです。それで1~2年練習期間があって、年1回、ライブをすることにして、今年が12回目ですから、もう、14~15年活動しているんです。

 年齢を重ねても元気でいるというのは、食事や運動も大切ですけど、ストレスをためないとか、好きなことをやるとかといった面もないとダメなんです。それを僕に当てはめてみると、下手の横好きですが、この年になっても音楽ができているというのが、元気の素になっているんだと思います。まあ、精神的にも肉体的にも健康でいられるための、「心のビタミン」ですね、音楽は。

1/2 page

最後へ

次へ

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.