日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > 何歳になっても音楽活動は心のビタミン【米倉誠一郎 法政大学教授】  > 2ページ目
印刷

私の「カラダ資本論」

何歳になっても音楽活動は心のビタミン【米倉誠一郎 法政大学教授】

第3回 仕事以外の趣味が健康の秘訣

 米倉誠一郎=法政大学教授

仕事以外の生きがいを持つことが元気でいられる秘訣

 よく言われることですが、1本の矢は折れやすいじゃないですか。でも、3本くらいあると、仕事がうまくいかなくても音楽があるし、音楽がパッとしない、冴えないなと思っても運動があるし、とどこか拠り所が作れるんです。そんな風にバランスを持っていると、結構、生産性も上がるのかなと思っています。

 演奏するのは、ビートルズがお約束ですね。それにエリック・クラプトン、ボブ・ディランにビーチ・ボーイズ、サイモン&ガーファンクルなどなど、我々世代にあったものです(笑)。ライブはだいたい2時間半くらいで、24~27曲やります。確かにそれだけ演奏すれば、前回お話ししたように腕の張りも強くなりますよね。

 演ったことがある方なら分かると思いますが、リハーサルを何回かやって、それから本番、結構、体力が必要なんです。最近メンバーの中では、「指を使うからアルツハイマー対策に良いじゃないか」なんていう冗談が飛んでいますよ。メディアプロデューサーとその親友は僕より2歳年上ですけど、もう一人は同じ歳です。年を数えてみたら、4人の合計年齢264歳のバンドなんです、すごいですよね。ビートルズの「When I'm Sixty Four」という曲があるじゃないですか、それを全員で歌うんですよ、笑っちゃうでしょ。みんな64になるとは思わなかったけど、はるかに越しちゃったよね、って(笑)。

 音楽といえば、話題になったクイーンのフレディ・マーキュリーの半生を描いた映画『ボヘミアン・ラプソディ』も観ましたよ、僕も好きでしたから。彼らも本当に才能のあるグループでしたから。それに劇中で描かれている「ライブ・エイド」はちょうど僕がアメリカにいたころでした。本当にいい映画でしたね。映画を観て思ったのは、フレディのクリエーター・パフォーマーとしての才能もすごいけど、バンド、そして曲を一つにまとめあげていったのは、ギターのブライアン・メイだったという根拠なき確信がつかめましたね。

 ブライアン・メイは2007年にインペリアル・カレッジ・ロンドンで天文物理学の博士号を取っているんですよ。やっぱりやっていることが一つだけじゃないでしょ。ちょっと一緒にするのはおこがましいですが、仕事だけでなく何かほかのこと、趣味や生き甲斐を持つということが、いつまでも元気でいられる秘訣だと思いますね。

(まとめ:松尾直俊=フィットネスライター/インタビュー写真:村田わかな)

米倉誠一郎(よねくら せいいちろう)さん
法政大学教授
米倉誠一郎(よねくら せいいちろう)さん 1953年東京生まれ。一橋大学社会学部、経済学部卒業。同大学大学院社会学研究修士課程修了。一橋大学商学部附属産業経営研究施設助手に着任後、ハーバード大学大学院に留学。同大学歴史博士号取得(Ph.D)。1995年に一橋大学商学部産業経営研究所教授着任。97年より同大学イノベーション研究センター教授。2012~14年はプレトリア大学GIBS日本研究センター所長を兼務。そのほか、一橋大学イノベーション研究センター特任教授や法政大学大学院イノベーション・マネジメント研究科教授、アカデミーヒルズ日本元気塾塾長など、数々の役職を兼務中。イノベーションを核とした企業の経営戦略と史的研究を専門として、関連する著作も多数。近著に『イノベーターたちの日本史 近代日本の創造的対応』(東洋経済新報社)、ミネルヴァ日本評伝選『松下幸之助 きみならできる、必ずできる』(ミネルヴァ書房)などがある。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 健康長寿の生命線! 放置は禁物 「腎臓」の異常値NEW

    生命維持に欠かせないさまざまな機能を担っている腎臓は、よほど悪くならない限り悲鳴を上げない「沈黙の臓器」でもある。本記事では、大切な腎機能が失われる前に、異常値にどう対処すればいいか、腎臓を守るためにはどのような生活習慣に気を付けていけばいいかについて解説する。

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.