日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > 美食を我慢せずとも体重を維持できるワケ【元トリンプ社長・吉越氏】  > 2ページ
印刷

私の「カラダ資本論」

美食を我慢せずとも体重を維持できるワケ【元トリンプ社長・吉越氏】

第4回 フランス流食事の取り方

 吉越浩一郎=吉越事務所代表

 夜寝る前に食べ過ぎてしまうと、睡眠中に胃腸が悲鳴を上げてしまいますが、昼間なら胃腸がよく動くのではないでしょうか。だから、昼はしっかり食べて、夜はなるべく早い時間に軽い食事をする。少なくとも私の周りでは、そんな胃腸にやさしいライフスタイルを自然と実践しているフランス人がとても多く、私もそれにならっているわけです。

南仏の料理はカラダにいい!?

「東京の自宅のリビングの一角。ここだけ見ると、ちょっと南仏っぽいですね、とカメラマンさんが…(笑)」

 また、「フランス料理は重くて、胃にもたれる」というイメージを持っている人が多いかもしれませんが、最近はだいぶ変わってきています。確かに以前はそうした料理が主流でした。でも今は向こうも健康志向が強まり、ヘビーな料理を食べる人が少なくなっています。同じフランスでも、南仏のほうは味付けやソースが軽くて、ずっとヘルシー。イタリアンに近い感じでしょうか。私が口にするのも、南仏の料理が中心です。

 オリーブオイルを積極的に使い、野菜・果物やナッツ類を豊富にとる地中海式の食事は、メタボリックシンドロームの予防やダイエットに効果が高いといわれています。私は、この種の知識にそれほど詳しいわけではありませんが、南仏で時間を過ごすうちに自然と、体にいい食生活を送れているのかもしれません。

 せっかくの人生ですから、おいしいものはどんどん食べるべきだというのが私の考えです。食べ方と調理法を工夫すれば、多少食べすぎても大丈夫。むしろ、食べたいのに無理に我慢するほうが体に悪いと思いませんか。


(まとめ:荻島央江=フリーライター/インタビュー写真:鈴木愛子)

取材を終えて

 吉越さんにはこれまで何度となく取材させていただいてきた。「残業ゼロ」に関してはもう何回聞いたか分からない。今回、健康をテーマにお話をうかがったが、まさかそれが残業しないこととつながるとは思ってもみなかった。吉越さんの話を聞いていると、反論の余地はなく、いつも耳が痛い思いがする。

 しかし、そんな吉越さんもかつては日本人的な長時間労働をしていたというから少しだけ安心する。吉越さんの働き方を変えたのはフランス人の奥様の影響が大きい。やはり無理にでも環境をつくることが一番の早道なのだと感じた。(荻)

■吉越氏のカラダ資本論
第1回 リーダーの責務は「まず、よく寝ること」
第2回 「残業ゼロ」は健康にいい
第3回 ゴルフコースでカートには絶対乗らない

吉越浩一郎(よしこし こういちろう)さん
吉越事務所代表
吉越浩一郎(よしこし こういちろう)さん 1947年千葉県生まれ。独ハイデルベルク大学留学後、72年上智大学外国語学部卒業。メリタジャパンなどを経て、83年トリンプ・インターナショナル(香港)に入社。86年からトリンプ・インターナショナル・ジャパンに転じ、92年から2006年まで社長を務める。この間、19期連続増収増益を達成。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.