日経グッデイ

私の「カラダ資本論」

「残業ゼロ」は健康にいい【元トリンプ社長・吉越氏】

第2回 長時間労働は百害あって一利なし

 吉越浩一郎=吉越事務所代表

仕事においては、やはりカラダが資本。多忙な中でも最高のパフォーマンスを発揮し続けるには、日ごろからの健康管理が欠かせない。
一流人が実践する健康マネジメント術を紹介する本コラム、トリンプ・インターナショナル・ジャパン元社長の吉越浩一郎さんの第2回目は「残業ゼロ」がテーマ。残業しないことは仕事の効率を上げるばかりでなく、健康にもいい効果を発揮するとか。その理由とは。

「長時間働く=一生懸命に仕事する」ではない

「そろそろ、日本人も働き方を見直すべきかも…」
[画像のクリックで拡大表示]

 前回の記事で、リーダーの重要な仕事として毎日8時間睡眠を実践していたと言いました。激務をこなす中でその時間を捻出するのは楽ではありません。「2次会には行かない」だけですむはずがなく、残業をせずに帰ることが大前提となります。

 100%のエネルギーを注いで仕事をして、時間内に終える。無駄な残業をしないことはいいこと尽くめです。質の高い仕事ができるうえ、十分な睡眠時間が確保できる。体力も余るし、疲れません。こうした残業ゼロの素晴らしさをかれこれ20年近く主張しているものの、実践する人が少ないのはなぜなのでしょうか。

 以前、同年代の経営者仲間6人で集まる会を開いていました。残念ながら、そのうちの2人はすでに亡くなっています。私とさほど年頃は変わらなかったのに、です。

 なぜそんなことになったのかと言えば、働きすぎが一番の原因だと思います。働きすぎというのは、長時間労働を指します。

 「最近、くたびれているな」とか、自分の体が悲鳴を上げているのを感じることはありませんか。そういうことがしょっちゅう起きているのは決して好ましいことではないと思います。そうした疲労の積み重ねが体を蝕んでいくのです。

 実際、日本人は働きすぎですよ。そのせいで心身ともに疲れて、健康面で不調を来す人が多いのです。

 長い時間働くことを、一生懸命に仕事をしていることとイコールだと思っている人は少なくない。それは違うと、私は言いたい。

 長時間労働では100%の効率は狙えなくて、およそ7割、8割くらいになるでしょう。むしろ8時間だけと限って、集中して仕事をしたほうがよほどいい。そうした仕事の仕方をしないと、自分の体に負荷をかける一方。くたびれていたら頭の回転は鈍り、いい仕事をできるはずがありません。

勤務中にSNSやネットサーフィンをしていない?

 私が昼間フェイスブックに投稿したり、コメントをしたりすると、仕事を持っている友人たちが「いいね」を押してくれます。それはそれでうれしいのですが、いいねを押しているということは、彼らは就業時間中であるにもかかわらず、フェイスブックを見ていることになりますよね。おかしいと思いませんか? 私は現役じゃないからいいけど(笑)。要するに、まともに仕事をせずに、ネットで遊んでいるわけです。

「『残業ゼロ』の重要性については、これまでも著書で説いてきたんですが、なかなか浸透しないですね」

 また、すこし前の話になりますが、私の講演を聞いてくださったコンサルティング会社の方が「クライアントに残業削減を指南したいので手伝ってもらえないか」と申し出てくださったので、「日本を良くしなければいけないので、ぜひやりましょう。ただし条件が一つあります」と言いました。

 その条件とは、「あなたがたの会社でまず残業をゼロすること」というものでした。結局、それは難しいと、話は立ち消えになってしまいました。残業をゼロにできない会社が、他の会社に残業削減を指導できるわけがないですよね。あまりに説得力がありません。

残業ゼロについては外資系企業を見習いたい

「さて、この国は変われるでしょうか」
[画像のクリックで拡大表示]

 そもそも残業ゼロは、私自身が主体的にいいと感じて始めたことではありません。それはフランス人の女房と結婚して、そういう価値観に触れたからです。

 結婚した当初、日本で残業ばかりしていたら、夫婦関係が危機に陥り、仕事のやり方を見直していきました。香港で働くことを強く勧めたのも女房です。

 外資系企業で上司も外国人、部下も外国人という環境に置かれたことも大きく影響しています。欧米人は残業をしない。時間内ですべての仕事をきっちり終えるだけでなく、高いレベルでの仕事の質の競争になる。インターネットで遊んだり、無駄なおしゃべりをしたりしている時間などありません。

 日本人が皆、彼らのような仕事の仕方に変われば、この国はまだまだ戦えると私は信じていますが、いかがでしょうか。


(まとめ:荻島央江=フリーライター/インタビュー写真:鈴木愛子)

■吉越氏のカラダ資本論
第1回 リーダーの責務は「まず、よく寝ること」
第3回 ゴルフコースでカートには絶対乗らない
第4回 美食を我慢せずとも体重を維持できるワケ

吉越浩一郎(よしこし こういちろう)さん
吉越事務所代表
吉越浩一郎(よしこし こういちろう)さん 1947年千葉県生まれ。独ハイデルベルク大学留学後、72年上智大学外国語学部卒業。メリタジャパンなどを経て、83年トリンプ・インターナショナル(香港)に入社。86年からトリンプ・インターナショナル・ジャパンに転じ、92年から2006年まで社長を務める。この間、19期連続増収増益を達成。