日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > 「残業ゼロ」は健康にいい【元トリンプ社長・吉越氏】  > 2ページ
印刷

私の「カラダ資本論」

「残業ゼロ」は健康にいい【元トリンプ社長・吉越氏】

第2回 長時間労働は百害あって一利なし

 吉越浩一郎=吉越事務所代表

勤務中にSNSやネットサーフィンをしていない?

 私が昼間フェイスブックに投稿したり、コメントをしたりすると、仕事を持っている友人たちが「いいね」を押してくれます。それはそれでうれしいのですが、いいねを押しているということは、彼らは就業時間中であるにもかかわらず、フェイスブックを見ていることになりますよね。おかしいと思いませんか? 私は現役じゃないからいいけど(笑)。要するに、まともに仕事をせずに、ネットで遊んでいるわけです。

「『残業ゼロ』の重要性については、これまでも著書で説いてきたんですが、なかなか浸透しないですね」

 また、すこし前の話になりますが、私の講演を聞いてくださったコンサルティング会社の方が「クライアントに残業削減を指南したいので手伝ってもらえないか」と申し出てくださったので、「日本を良くしなければいけないので、ぜひやりましょう。ただし条件が一つあります」と言いました。

 その条件とは、「あなたがたの会社でまず残業をゼロすること」というものでした。結局、それは難しいと、話は立ち消えになってしまいました。残業をゼロにできない会社が、他の会社に残業削減を指導できるわけがないですよね。あまりに説得力がありません。

残業ゼロについては外資系企業を見習いたい

「さて、この国は変われるでしょうか」
[画像のクリックで拡大表示]

 そもそも残業ゼロは、私自身が主体的にいいと感じて始めたことではありません。それはフランス人の女房と結婚して、そういう価値観に触れたからです。

 結婚した当初、日本で残業ばかりしていたら、夫婦関係が危機に陥り、仕事のやり方を見直していきました。香港で働くことを強く勧めたのも女房です。

 外資系企業で上司も外国人、部下も外国人という環境に置かれたことも大きく影響しています。欧米人は残業をしない。時間内ですべての仕事をきっちり終えるだけでなく、高いレベルでの仕事の質の競争になる。インターネットで遊んだり、無駄なおしゃべりをしたりしている時間などありません。

 日本人が皆、彼らのような仕事の仕方に変われば、この国はまだまだ戦えると私は信じていますが、いかがでしょうか。


(まとめ:荻島央江=フリーライター/インタビュー写真:鈴木愛子)

■吉越氏のカラダ資本論
第1回 リーダーの責務は「まず、よく寝ること」
第3回 ゴルフコースでカートには絶対乗らない
第4回 美食を我慢せずとも体重を維持できるワケ

吉越浩一郎(よしこし こういちろう)さん
吉越事務所代表
吉越浩一郎(よしこし こういちろう)さん 1947年千葉県生まれ。独ハイデルベルク大学留学後、72年上智大学外国語学部卒業。メリタジャパンなどを経て、83年トリンプ・インターナショナル(香港)に入社。86年からトリンプ・インターナショナル・ジャパンに転じ、92年から2006年まで社長を務める。この間、19期連続増収増益を達成。

先頭へ

前へ

2/2 page

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.