日経Gooday TOP  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > 米スタンフォード留学時代のケガから得た教訓【フィリップス・ジャパン 堤社長】

私の「カラダ資本論」

米スタンフォード留学時代のケガから得た教訓【フィリップス・ジャパン 堤社長】

第2回 休日は仕事を離れ、「楽しみながらの運動」でリフレッシュ

 堤浩幸=フィリップス・ジャパン

様々な分野で活躍する一流人が実践する健康マネジメント術を紹介する本コラム。今月は、ヘルスケアとデジタル技術を融合した「ヘルステック」で、社会課題の解決と新たな価値創造に挑む、フィリップス・ジャパンの堤浩幸社長にお話を伺った。第2回は、これまで親しんできたスポーツや、現在の運動習慣について紹介する。

ゴルフは仕事と切り離して楽しむもの

 私はスポーツの中でも球技が好きで、学生時代はサッカーや野球、テニスに親しんできました。社会人になってからは、卓球やボウリングなどもよくやりましたね。

 球技の醍醐味は、戦略性をもちながら、偶然性も兼ね備えているところでしょうか。緻密に戦略を練っても、その場では何が起こるか分からない。一方で、自分でコントロールできる部分もある。個人戦では相手との駆け引きがあったり、チームプレーでは互いにカバーしあったりと、いろいろな魅力があります。

 ゴルフは今でも、月に数回はプレーします。ゴルフの時には、2つのモットーがあります。1つは、カートには乗らないこと。そうすると、意外と歩いて、いい運動になりますよね。もう1つは、仕事の話は一切しないことです。ゴルフも仕事のうちと考える人もいらっしゃると思いますが、私の場合は、ゴルフと仕事は切り離して楽しむものだと思っています。仕事と生活にメリハリをつけることを大切にしています。球技以外には、リバーカヤックでリフレッシュすることもありますね。

月に数回のゴルフのほかに、リバーカヤックでリフレッシュすることもある。

コロナ禍でも、週末はマスク着用でジョギング

 週末の休日にはジョギングを続けていて、10~15kmほど走ります。自宅周辺だけでなく、遠出をするいくつかのコースを決めています。ジムのランニングマシンで走るよりも、街並みや自然の景色を眺めながら走るほうが、開放感があって好きですね。

 時には、起伏の激しい坂の多い場所を走ることもあります。あえて自分を追い込むことが好きなんです(笑)。最近は、新型コロナウイルスの感染拡大による新しい生活様式にならいマスクをつけて走っているので、心肺機能に負荷がかかって、結構きついトレーニングになっているかもしれません。フィリップスの「ブリーズマスク」は息苦しくならないので、屋外でのスポーツにお薦めです。

1/2 page

最後へ

次へ

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.