日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > 日々の習慣、就寝前のリラックスタイムを大切に【フィリップス・ジャパン 堤社長】  > 2ページ目
印刷

私の「カラダ資本論」

日々の習慣、就寝前のリラックスタイムを大切に【フィリップス・ジャパン 堤社長】

第1回 デジタル技術でヘルスケアに貢献、自身の健康管理にも活用

 堤浩幸=フィリップス・ジャパン

睡眠の質をデータで確認、改善につなげる

 それから、もう1つ大切にしているのは、日々の睡眠ですね。日本人の睡眠時間は、OECD(経済協力開発機構)に加盟する先進諸国の中で最下位というデータがあります。その中でも特に、女性の睡眠時間が短い。先進国で女性の睡眠時間が男性よりも短い国は、日本だけなんですよ。このあたりにも課題を感じますね。

深い睡眠の質を高めることを目的に開発した、睡眠用ウェアラブルヘッドバンド「SmartSleep ディープスリープ ヘッドバンド」。
深い睡眠の質を高めることを目的に開発した、睡眠用ウェアラブルヘッドバンド「SmartSleep ディープスリープ ヘッドバンド」。

 フィリップスでは、睡眠の質を高め、日中の活力を向上することを目的とした機器「SmartSleep  ディープスリープ ヘッドバンド」を開発しました。SmartSleepは、センサーを搭載したヘッドバンド型のウェアラブルデバイスを装着して、モバイルアプリと同期することで、睡眠中の各種データを確認することができます。例えば、睡眠の深さや質が時間の経過とともにグラフ化されたり、日々の睡眠の健康度が100点満点でスコア化されたりします。

 センサーが深い睡眠を感知すると、耳元にホワイトノイズと呼ばれるやわらかいオーディオトーンがランダムに流れ、深い眠りを増幅して睡眠の質を高めるように導きます。このオーディオトーンの発生回数も、アプリで可視化されて確認することができます。

 このSmartSleepも自身で活用して、睡眠の質を高めるようにコントロールしています。使い始めた当初は、実はあまり効果が感じられず、睡眠の質を高めることに役立つのか、半信半疑だったんです(笑)。でも、2週間くらいたった頃から、睡眠の健康度を示すスコアが改善されてきて、朝目覚めた時にすっきりと起きられるようになりました。

 また、毎朝起床後にスマートフォンのアプリでデータを確認すると、「今日はよく眠れていたな」「あまりよく眠れていなかったんだな」ということが分かり、その原因や改善策を自分なりに考えてみるようになりました。特に、低いスコアが出た時は、その夜は早めに寝るようにしてみたり、就寝前にストレッチや深呼吸をしてみたり。そうしてデータをもとに工夫していくことで、睡眠の質がより高められていく。眠りがデータとして可視化されることによって、行動変容につながっているように思います。

眠りに就く前にいいアイデアが浮かぶことも

 私は1日の中でも、就寝前が最もくつろげます。布団に入って、リラックスして「今日も1日が終わった、さあ、眠ろう」と思うと、面白いことに、さまざまな記憶が鮮明になってくるんですよ。それまでは忘れていたようなことまで、リラックスした瞬間によみがえってくることがあります。仕事の新しいアイデアが浮かぶこともありますね。そういう時には、忘れてしまわないようにメモしておきます。

 就寝前のリラックスした時に、脳が活性化するように感じるなんて不思議に思われるかもしれません。でも、私の場合は、次々にさまざまな考えが脳裏をめぐり、それが一段落すると、気持ちよくスッと眠りつける。これも、私にとっては大切なルーティンの1つですね。

 時にはネガティブな考えが浮かぶこともありますが、嫌なことはすぐに忘れてしまいます。ただ、嫌なことがあるから、いいことがある。人生や日々の生活には浮き沈みがあるもので、だからこそ、いい時をより良く感じられるものだと思います。私はもともとポジティブ思考なのですが、周囲の人たちからは「スーパーポジティブ思考」だと言われます(笑)。

 今のコロナ禍にあっては、このポジティブマインドが大切だと思います。今後はさらに、新しい時代を切り開く創造性が重要になってきますし、ポジティブマインドがそれを後押ししてくれるように思いますね。

(談話まとめ:田村知子=フリーランスエディター/写真:村田わかな)

私の「カラダ資本論」【フィリップス・ジャパン 堤社長】

第1回 日々の習慣、就寝前のリラックスタイムを大切に
第2回 米スタンフォード留学時代のケガから得た教訓
第3回 テレワークの合間にオンラインヨガでリフレッシュ
堤浩幸(つつみ ひろゆき)さん
フィリップス・ジャパン社長
堤浩幸(つつみ ひろゆき)さん 1962年山梨県生まれ。85年慶應義塾大学理工学部卒業後、NEC入社。2004年にシスコシステムズに転じ、2006年同社取締役就任。2007年米国スタンフォード大学ビジネススクールエグゼクティブプログラム修了。2009年シスコシステムズインク バイスプレジデント就任。2015年サムスン電子ジャパンに入社、CEO(最高経営責任者)就任。2016年フィリップス・ジャパン入社。2017年から現職。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.