日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > 『社長のきもち』というブログで運動と健康を推奨【西武HD後藤社長】  > 2ページ目
印刷

私の「カラダ資本論」

『社長のきもち』というブログで運動と健康を推奨【西武HD後藤社長】

第3回 グループ全体の催しで、各社の交流を深める

 後藤高志=西武ホールディングス

 社員が健康を意識したり、運動をすることが楽しいと感じてもらったりするために、「ほほえみの森財団」という公益法人が主催するイベントに、グループ全体から希望者を募って参加しているんです。そのひとつが、毎年4~5月の間に行うハイキングイベントです。もともとは高麗川の河原のゴミ拾いから始まったんです。それがものすごくきれいになったので、今では多峯主山(とうのすやま)や天覧山のほうまで、アップダウンのある道を約10kmくらい歩くようになりました。西武鉄道が保有している「飯能・西武の森」というのがあるのですが、そこへ行き、野球のバットの材料になる、アオダモの木などを植樹したりすることもあります。

 社員やご家族が一緒になって歩くことで体を動かす機会が生まれ、健康に対する意識が高まりますし、環境保全について考える場にもなると思っています。グループ全体から1000人くらい参加しますし、もちろん、私が言い出したのでみんなと一緒に歩くんです。だいたい、朝9時から10時の間に歩き出して、お昼頃に終わりますから、みんなグループごとに集まって、駅前の店で食事をしたり、河原でバーベキューをしたりして、楽しんでいますよ。

 ほかにも、地元のボランティアの方も参加していただいて、間伐をしたり下草をきれいにしたりしていますから、「森がきれいになる」と喜んでいただいています。そうすると、今まで隠れていた新しい生物や植物などが芽生えてくるんです。鳥も増えてきますし、こうやって環境が良くなることが人間の健康にも返ってくるんですよ。

運動会でグループ会社同士を「One Team」に

 それに2008年からは、『スマイルファミリーフェスティバル』という名の運動会も開催しています。運動会自体は一度やめていたんですが、再開したんです。自由参加なのですが、一昨年までは毎回、メットライフドームのグラウンドで開催していました。玉転がしや職場対抗リレー、お子さんの綱引きなど朝9時から始めて午後3時くらいまで、とても楽しんでもらっています。お弁当屋さんに店を出してもらって、配った食券で交換して食べてもらってね。これも体を動かす良い機会だと思っています。

 しかし今年は、ボールパーク化工事のためにメットライフドームが使えなかったんです。そこで、西武鉄道の所沢本社の第二ビルにある1000人以上入れるホールで実施しようとしたところ、ちょうど台風が直撃してしまって、2日間の予定が1日中止になってしまったんです。みなさんとても残念がって、来年こそは実施できるといいなあ、なんて意見をもらっています。

 一時は、どこの会社も運動会や全社をあげての催し物をやめる風潮がありました。でも、普段は接することが少ない各社の社員をはじめ、ご家族の方々も交流の場になってグループとしての意識を高めるのに役立っているんです。今年のラグビー日本代表の活躍を見てもわかるように、やはり「One Team」という精神というか、考え方を養うことが必要なんですね。グループ会社同士、社員同士の理解や結束、つながりを強めることが、経営にもいい影響を与えていくものだと考えています。

(まとめ:松尾直俊=フィットネスライター/写真:村田わかな)

私の「カラダ資本論」【西武ホールディングス 後藤社長】

第1回 グループ再生のハードワークが健康管理の原点
第2回 自宅や通勤途中の運動、週末のスポーツで体力づくり
第3回 『社長のきもち』というブログで運動と健康を推奨
後藤高志(ごとう たかし)さん
西武ホールディングス代表取締役社長
後藤高志(ごとう たかし)さん 1949年東京都出身。1972年東京大学経済学部卒業後、第一勧業銀行入行。2000年6月、同行執行役員に就任。同年9月みずほホールディングス執行役員に。その後、常務執行役員やみずほフィナンシャルグループ常務執行役員、みずほコーポレート銀行常務取締役、同行取締役副頭取を歴任。2005年2月に西武鉄道特別顧問に。同年5月、同社代表取締役社長に就任。2006年より現職。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 健康長寿の生命線! 放置は禁物 「腎臓」の異常値NEW

    生命維持に欠かせないさまざまな機能を担っている腎臓は、よほど悪くならない限り悲鳴を上げない「沈黙の臓器」でもある。本記事では、大切な腎機能が失われる前に、異常値にどう対処すればいいか、腎臓を守るためにはどのような生活習慣に気を付けていけばいいかについて解説する。

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.