日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > 自宅や通勤途中の運動、週末のスポーツで体力づくり【西武HD 後藤社長】
印刷

私の「カラダ資本論」

自宅や通勤途中の運動、週末のスポーツで体力づくり【西武HD 後藤社長】

第2回 週末のゴルフとスキー

 後藤高志=西武ホールディングス

様々な分野で活躍する一流人が実践する健康マネジメント術を紹介する本コラム。今月は『でかける人を、ほほえむ人へ。』をスローガンに、西武鉄道やプリンスホテルなど、グループ81社を統括する西武ホールディングスの後藤高志社長にお話を伺っている。グループ全体の統括役として、忙しい毎日を過ごされているが、その合間にも体を動かすことは忘れずに実行していると言う。今回は後藤社長自身の運動への取り組みについて。

 大学時代は4年間、ラグビー部に所属していました。ポジションはウイング、ゼッケン14番です。ですから、今でも体を動かすことや鍛えることは好きで、合間を見つけては運動するようにしています。

日常の運動は、自宅でのストレッチと出社前のウォーキング

 前回、朝起きるのは5時で、その後会社の資料を読んだりしていると言いましたが、実はもう一つやっていることがあります。息を強く、そして長く吐く呼吸を繰り返すのを実践しています。これは友人からその呼吸法の本をもらったのがきっかけで始めたのですが、だいたい30回ほどやります。しっかりやると、それだけで体が温まってきますよ。それが終わったら腹筋運動とストレッチ、時間的には10~15分程度ですね。それから朝食です。

 朝食を終えて、家を出るのはだいたい8時15分から30分の間なんですが、迎えの車のドライバーさんに上着を預けて待ち合わせ場所を決め、出社前にウォーキングを20分ほどしているんです。気候がいいときにはワイシャツだけで歩きますが、風が冷たい時期にはフィットネス用の上着を羽織ったりしています。靴も、家を出るときにはウォーキングシューズを履いているんですよ。あと実行しているのは、風呂に入る前に簡単なストレッチをしてみたり、風呂の中ではふくらはぎや太ももをマッサージしてみたりしています。ただ、これが運動と言えるかどうかですが…(笑)。

1月から3月は、仕事を兼ねたスキーで足腰を鍛える

 これは仕事の一環なんですが、僕は1月から3月の週末は、だいたいグループ会社のスキー場の視察に行くんです。どんなに天気が悪くて吹雪いていても、スキー場の支配人やパトロール隊の隊長と会って話をします。金曜日の夜から行って、2泊3日というのが一般的な日程ですね。そして彼らと一緒に、土曜日はフルに滑って25~30km、日曜日は半日ですが、やはりしっかり滑って帰ってくるんです。

 お客様目線で、安全・安心がしっかり保たれているかも確かめなければいけませんから。例えば、コースアウトなどの事故のニュースが多いですから、標識や防止柵がしっかり設置されているか。また、最近は海外からのお客様も多いですから、多言語表示がきちんとなされているか。それにリフトの点検整備や、スキー場のコースの整備状況を実際に滑りながら確かめるんです。

 これが結構いい足腰の運動になります。筋肉にしっかり刺激が入るのを感じるんですよ。スキーは高校時代には毎年行っていたんですが、大学は体育会のラグビー部に所属してしまったものですから、練習や合宿、そして試合で、とても行ける時間がありませんでした。それで銀行時代には数回、遊び程度で行きましたが、本格的に再開したのは西武グループに来てからで、2006年から続けています。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.