日経グッデイ

私の「カラダ資本論」

60歳から実践!「シミ取り」のススメ【エレコム葉田社長】

第3回 コスメ用品はデパートの化粧品売り場へ自分で買いに行きます

 葉田順治=エレコム社長

仕事においては、やはりカラダが資本。多忙な中でも最高のパフォーマンスを発揮し続けるには、日ごろからの健康管理が欠かせない。
一流人が実践する健康マネジメント術を紹介する本コラム、今日はエレコム社長の葉田順治さんの第3回目。
「日本一の健康マニア」を自認する葉田さんは、実は「美容」にも詳しく、シミ取りで若々しい肌を実現している事実を明かしてくれた。

 ビジネスでは「見た目の健康」も大切です。とくに経営者はその企業の顔であり、イメージも左右しますから、その意味でも身だしなみや体型の維持などには気を配っています。

 男性ホルモン治療を始めてから、筋トレの効果が高まり、体も引き締まってきたというのは前回(「男性ホルモン治療で、ゴルフ飛距離260ヤードに」)お話した通り。久しぶりに会う方に「スラッとしましたね」「若返りましたね」などと言われると、やはり嬉しいものですよね。

 その男性ホルモン治療に加えて、実は最近はシミ取りなどのアンチエイジング療法も受けています。

どうですか、私の肌。実は、シミ取りのレーザー治療も受けているんです。
[画像のクリックで拡大表示]

「男性もぜひシミ取りを! 印象が全く違います」

 アンチエイジング療法を始めたきっかけは、人間ドックを受けたときに、皮膚科で顔にあった赤いシミを指摘されて、レーザーで取ってきれいになったことでした。もともとシミが結構あり、一つ取ったことでほかのシミも気になるようになったんですね。

 シミ取りのレーザー治療を受けると、一時期的にシミが濃くなり、やがてかさぶたのような状態になりますが、1週間くらいで元に戻ります。なので、週末や年末年始、お盆休みの前などに受けることが多いですね。治療後は濃くなった部分が目立たないようファンデーションでカバーしています。

 洗顔やスキンクリームなどの基礎化粧品は、20年来、米国のブランド「クリニーク」を愛用していて、ファンデーションもクリニークを使っています。コスメ用品はデパートの化粧品売り場へ自分で買いに行きますよ。男性が化粧品売り場へ行くのは恥ずかしいと思う人もいるかもしれませんが、私は周囲の目は全く気にしません。とくにファンデーションは、自分の肌の色に合わせないといけないですから、実際に試して購入します。

これが愛用の化粧品。
[画像のクリックで拡大表示]

 私はシミ取りのレーザー治療以外にも、皮膚の若返りを図る「水光(すいこう)注射」(ヒアルロン酸を皮膚の浅い部位に注入する美肌治療)や「PRP治療(自己多血小板血漿注入療法)」なども試しています。

見た目が若返れば元気も出る。当然、仕事の結果にも結び付きます。
[画像のクリックで拡大表示]

 PRP治療は自分の血液から成長因子と呼ばれる細胞を活性化する成分が含まれる血小板を採取して、皮膚に注入するというものです。私はこのPRP治療で、化粧品ではとれなかった目の下のクマがきれいになりました。今度はたるみを取る「リフトアップ」も試してみたいと思っています。

 水光やPRP治療は高額ですが、シミ取りのレーザー治療は1回3万円程度でできるものもあります。シミを取るだけでも印象が全く違いますから、男性にもぜひ、シミ取りをおすすめしたいですね。

 女優さんではないので、目につくところなどだいたいで構わない。それでも5歳は若返って見えますよ。見た目が若返ると元気が出ますし、印象も良くなる。仕事でも自信を持って、人と会ったり話したりもできるでしょう。

情報に踊らされず、医学的根拠に基づくものを

 男性の見た目の若さは、頭髪にもかかっていますよね。私はAGA(男性型脱毛症)治療薬のプロペシアやミノキシジルも処方していただいています。シャンプーやトリートメントは自分がいいと思えるものを使って、ドライヤーも髪にやさしいといわれる微粒子イオンなどが放出されるものを、最弱にして使っています。ゴルフや旅行のときなどは、備え付けのシャンプーやドライヤーがありますが、自分が愛用しているものを使いたいので、宅配便でまとめて荷物を送ることもありますね。

頭髪? もちろん、それも気になりますよ。だから、AGA治療薬も処方してもらってるんです。
[画像のクリックで拡大表示]

 私は「日本一の健康マニア」を自称していますが、美容に関しても詳しいですよ(笑)。健康にしても、美容やアンチエイジングにしても、今は様々な情報や方法がありますが、医学的な根拠や知識に基づいたものでなければ、効果は期待できないと思いますね。とくに、過激なダイエットなどは、健康を害する恐れもあります。

 エレコムはヘルスケア製品も扱っていますから、その部分は自身の健康管理でも重視していて、かかりつけのクリニックの専門医や内科医の三男などに話を聞いたり、相談したりするようにしています。様々な情報に踊らされずに、自身で正しい知識を身につけることも大切だと思いますね。

*カラダ資本論、明日は「目標は、売上高2000億円とベンチプレス100kg」をお届けします。


(まとめ:田村知子=フリーランスエディター/インタビュー写真:水野浩志)

葉田順治さん
エレコム社長
葉田順治さん 1953年三重県生まれ。76年甲南大学経営学部卒業。86年5月にエレコムを設立し、取締役に就任。92年常務、94年専務を経て、94年11月から現職。