日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > 玄米粥にアレ…私が「健康マニア」といわれるワケ【エレコム葉田社長】  > 3ページ
印刷

私の「カラダ資本論」

玄米粥にアレ…私が「健康マニア」といわれるワケ【エレコム葉田社長】

第1回 正しい経営判断は健康な体に宿る

 葉田順治=エレコム社長

正しい経営判断には、健やかな心身が必須

「健康管理は経営者の務めといえるかもしれません」
[画像のクリックで拡大表示]

 通勤や移動は車ですから、平日はほとんど歩きません。それでも少しずつ歩こうと、社内でトイレに行く際は、オフィスのある9階ではなく4階のトイレを利用するようにし、階段で上り下りしています。こうしたちょっとした運動でも、習慣づけてコツコツ続けることが大切だと思います。

 帰宅後は入浴して寝るだけ。関西の自宅は森の中にあり、空気が新鮮で気持ちも安らぎます。東京にも自宅があるのですが、その周辺は緑が少ないせいか、空気も乾燥しています。とくに、就寝時は湿度の低さが気になるので、東京の自宅では業務用の加湿器に、浄水器で作った水を入れて放出するようにしています。最低でも湿度が50%はないと、気持ちよく眠れませんし、肌にもよくないですからね。

 経営者は常に、意思決定を求められます。そのときに、体も心も健康な状態でいなければ、判断を誤る恐れもある。健やかな心身を保つ秘訣は、こうした日々の食事や運動を無理なく少しずつ習慣づけていくことですね。とくに、毎朝の習慣は、仕事へ向かう活力になります。

*カラダ資本論、明日は「男性ホルモン治療で、ドライバー飛距離260ヤードに」をお届けします。


(まとめ:田村知子=フリーランスエディター/インタビュー写真:水野浩志)

葉田順治(はだ じゅんじ)さん
エレコム社長
葉田順治さん 1953年三重県生まれ。76年甲南大学経営学部卒業。86年5月にエレコムを設立し、取締役に就任。92年常務、94年専務を経て、94年11月から現職。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.