日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > “食と健康”、“食で健康”を大切にしたい【キッコーマン 堀切社長】
印刷

私の「カラダ資本論」

“食と健康”、“食で健康”を大切にしたい【キッコーマン 堀切社長】

第3回 3食規則正しく食べることが基本

 堀切功章=キッコーマン

様々な分野で活躍する一流人が実践する健康マネジメント術を紹介する本コラム。今月は、“食”を通してわれわれの健康にも貢献してくれている、キッコーマンの堀切功章社長にお話を伺ってきた。最終回はご自身の食に対する考え方と、食品企業として提供する健康的な商品への思い、そして社会貢献に関する活動についてお話しいただいた。

 私どもキッコーマンは食品企業ですので、「食と健康」、「食で健康」ということをうたっています。食もまた、健康維持のためには大切です。ですから私の場合は、「3食規則正しくバランスよく食べる」ということを基本にしています。

在宅勤務で健康的な食生活ができた

 コロナ前は、やはり夜の会食などが多かったので、少し飲み過ぎたり食べ過ぎたりすることがありました。しかしここ最近は、そういった意味では健康的な規則正しい食生活ができています。

 ただ、在宅勤務で家にいると、妻にしてみれば今まで昼食は作っていなかったので、やはり負担になるようです。ですから、たまには私が作ったり、後片付けをやったりするようにしていました。全てを任せてしまっていると、妻のストレスがたまって家庭内が気まずくなってしまいますから(笑)。それまでも3食、顔を突き合わせて食事をしていたのであればいいのですが、コロナ禍によって急に環境が変わってしまうと、そういったことはあると思いますよ。

 基本は自宅で3食取っていましたが、時にはスーパーで売っているおそうざいを取り入れたり、コンビニのお弁当を買ってきて食べたりして変化をつけていました。そこで考えていたのは、“バランス”です。野菜に魚と肉、みそ汁やスープ、それに主食のご飯。どれか一つに偏るのでなく、バランスよく食べることが健康的な食生活に大切なことだと考えています。

 それからこれは手前味噌になってしまいますが、緊急事態宣言下では外食ができませんでしたし、外出も控え気味だったせいか、弊社のホームページのレシピサイトへのアクセス数が非常に多くなりました。やはり、みなさんが自宅で料理をする傾向になったんでしょうね。

 若い頃はどんなに食べても太りませんでした。運動をやっていたので、食べたものが全てエネルギーになり、また、筋肉になっていました。しかし今では、ちょっとした食生活のバランスの崩れ、特に食べ過ぎると、すぐに腹につきます(笑)。ですからバランスを考えて、工夫して食べることが必要だと痛感しています。

 それに加えて、質の良い睡眠を取るということも大切ですね。私はあまり寝付きが悪いということはなくて、ベッドに入ると5分くらいで眠りにつけるんです。私の実感ですが、当日に飲み過ぎたり、食べ過ぎたりすると、夜中に目が覚めたり、トイレに行ったりと、睡眠の質が悪くなるような気がします。ですからバランスが良い食事であっても、就寝の3時間前には終えるようにしています。

1/2 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 肩の痛みから高血圧まで、「姿勢の崩れ」は様々な不調の原因に

    「姿勢」が、肩こりや腰痛の原因になることを知っている人は多いだろうが、足の痛みや高血圧、誤嚥性肺炎まで、全身の様々な不調・疾患の原因になることをご存じの方は少ないかもしれない。これまでに掲載した人気記事から、姿勢と様々な病気・不調との関係について知っておきたいことをコンパクトにまとめた。

  • あなたも「隠れ心房細動」?! 高齢化で急増する危険な不整脈

    脈の速さやリズムが乱れる「不整脈」。その一種である「心房細動」は、高齢化に伴い患者数が増加しており、潜在患者も含めると100万人を超えると言われている。心房細動の怖いところは、放置すると脳梗塞などの命に関わる病気を引き起こす可能性があることだ。本記事では、心房細動の症状や早期発見のコツ、治療のポイントなどをコンパクトにまとめた。

  • 変形性膝関節症のつらい痛みを改善する運動とは?

    年を取ると多くの人が感じる「膝の痛み」。その原因で最もよくあるケースが「変形性膝関節症」だ。膝が痛いと外出がおっくうになり、体を動かす機会が減るため、そのまま何もしないとますます足腰が衰えてしまう。だが実は、変形性膝関節症の痛みをとり、関節の動きを改善するために有効なのが、膝への負担を抑えた「運動」なのだ。ここでは、膝の痛みが起きる仕組みから、改善するための運動のやり方までをまとめよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday春割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.