日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > “食と健康”、“食で健康”を大切にしたい【キッコーマン 堀切社長】  > 2ページ目
印刷

私の「カラダ資本論」

“食と健康”、“食で健康”を大切にしたい【キッコーマン 堀切社長】

第3回 3食規則正しく食べることが基本

 堀切功章=キッコーマン

独自の減塩技術で「減塩だからおいしい商品」を

 「食と健康」というと、私たちはしょうゆを原点とした会社ですので、最近はどうしても、生活習慣病や高血圧に関わる、“減塩”がテーマになります。塩分を減らした減塩の商品で、皆さんの健康に貢献していきたいと考えています。しかし減塩の商品、特にしょうゆというと、体の健康には良いかもしれませんが、あまりおいしくないというイメージがあり、昔はあまり売れなかったのです。

 確かに普通のしょうゆをただ水で薄めたり、濃く仕込んで薄めたりして塩分の比率を下げると、それはおいしくありません。しかし弊社には、一度普通のしょうゆを醸造してから、塩分だけを取り除くという技術があります。そうすると塩分を減らした分、しょうゆが本来持っているうま味を強く感じることができます。つまり、“減塩だからおいしくない”のではなく、“減塩でもおいしい”、そして“減塩だからおいしい”と商品を進化させてきました。そして、今年の春には食塩分を通常のこいくちしょうゆに比べて66%カットした、「超減塩しょうゆ」を発売しました。

食を通した社会貢献とスポーツのサポート

 また、社会貢献の面では、食育基本法ができる前から事業の一環として食育活動を推進してきました。しょうゆ工場で行っている工場見学も、ただ見るだけでなく体験を取り入れたり、弊社の社員がしょうゆ博士として学校に出向いて授業をする「しょうゆ塾」を行ったりしています。そのほかにも、食と健康に関する様々なユニークな企業活動を行っておりますので、その辺りはぜひとも弊社のホームページをご覧になってください(笑)。

 それから残念ながら延期になってしまいましたが、東京2020オリンピック・パラリンピックのオフィシャルパートナーに加えて、全日本空手道連盟ともオフィシャルスポンサーの契約を結んでいます。実は、私が慶應義塾高校の空手部の門をたたいた当時、大学空手部のキャプテンだったのが、現在、世界空手連盟事務総長の奈藏稔久さんでした。

 高校生の私にとっては神様のような方だったのですが(笑)、そういうご縁もあり、空手が東京2020オリンピック・パラリンピックの競技種目に選ばれる前に契約させていただきました。空手は日本発祥の武道ですから、競技種目に選ばれるだろうという期待もありました。しかし実は、空手の競技人口は、世界中で約1億3000万人いると言われており、海外でもメジャーなスポーツなのです。

 「食文化の国際交流」を経営理念として、和食の調味料であったしょうゆを、グローバルスタンダードの調味料に育てることを目指して世界で事業を展開し、また、世界のさまざまな食文化を日本に紹介してきているキッコーマンのイメージが空手と合致すると思ったのです。2018年アジア大会で、形で金メダルを取った清水希容さんと、同じく組手の金メダルの荒賀龍太郎さんをサポートしながら、空手競技全体を応援していきたいと思っています。

(まとめ:松尾直俊=フィットネスライター/写真:村田わかな)

私の「カラダ資本論」【キッコーマン 堀切社長】

第1回 朝のラジオ体操で仕事へのスイッチを入れる
第2回 非日常的な行動も心身の健康のために大切
第3回 “食と健康”、“食で健康”を大切にしたい
訂正
当初、2ページ目に「東京2020オリンピック・パラリンピックのオフィシャルスポンサー」と記載していましたが、正しくは「東京2020オリンピック・パラリンピックのオフィシャルパートナー」でした。お詫びして訂正いたします。本文は修正済みです。[2020/10/30 12:55]
堀切功章(ほりきり のりあき)さん
キッコーマン代表取締役社長CEO
堀切功章(ほりきり のりあき)さん 1951年9月2日生まれ、千葉県出身。1974年慶應大学経済学部卒業後、キッコーマン醤油(現キッコーマン)入社。2002年関東支社長、03年執行役員、06年に常務執行役員経営企画室長、08年取締役常務執行役員に就任。11年に代表取締役専務執行役員兼キッコーマン食品代表取締役社長を経て、13年より代表取締役社長CEO。食品産業中央協議会副会長や日本醤油協会会長なども務めている。

先頭へ

前へ

2/2 page

日経グッデイ初割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 始めよう筋トレ 最低限やりたいエクササイズと食生活のポイント

    筋トレはできるだけ若いうちに始めることに大きなメリットがあるといわれる。それはなぜなのか。また、どんな筋肉をどのように鍛えるのが効果的なのか。高齢になってもしっかりした足腰でいるために今のうちから最低限やっておきたい筋肉エクササイズ、食生活の注意点などを知り、今年こそ「筋トレ習慣」を身に付けよう。

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday初割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.