日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > 非日常的な行動も心身の健康のために大切【キッコーマン 堀切社長】  > 2ページ目
印刷

私の「カラダ資本論」

非日常的な行動も心身の健康のために大切【キッコーマン 堀切社長】

第2回 週2回のジム通いは体力維持と気分転換のため

 堀切功章=キッコーマン

大学進学と同時に競技スキーへ

 当時はスーパー大回転がまだなくて、滑降(ダウンヒル)と大回転(ジャイアントスラローム)と回転(スラローム)の3種目でした。私が得意だったのは、大回転ですね。まぁ、本当は3種目バランス良くできるほうがいいのですけれど。日本の選手は、世界で戦うには体格に恵まれていないから、滑降と大回転はあまり向いていないんです。日本選手は細かいターンを繰り返す回転が得意で、日本人では猪谷千春さんが冬季オリンピック初の、そしてスキーアルペン競技で唯一のメダリストです(1956年コルチナ・ダンペッツオ大会)。

 私の場合、細かい動きが得意ではなく、回転が苦手だったんです。滑降は日本では練習できる場所が少ないですし、あのスピード感で滑るにはかなりの勇気が必要です。体格が大きくないとスピードに乗れないので、海外の選手にはなかなか勝てないですね。

 大学時代の冬は、ほとんど山にこもりっきりという時もありました。特に1年から2年にあがる冬は12月から合宿に行って、途中で試験のために帰ってきて、また3月いっぱい滑っていました。4月から5月の連休は谷川岳で、6月は山形の月山合宿というのがあって、7月は乗鞍岳…、いつ学校に行っているんだという状態でしたね(笑)。

大学から競技スキーを始め、社会人になってからも社内で仲間を募り、毎年スキーに行っていた。集合写真は2008年3月山形蔵王温泉スキー場にて、キッコーマンスキー部の仲間とその家族と一緒に。堀切社長は左端。

 会社に入ってからは、昔のクラブの合宿に参加したりもしていました。まあ、僕らの時もそうでしたけど、OBが先輩面して参加すると嫌がられるんですけどね(笑)。それから社長になるまでは、社内で仲間を募って毎年行っていました。ただ、社長になってからはリスクを考えて行くのを控えています。やっぱり競技スキーの滑りが身に付いているものですから、トレーニングをせず体力がないと危ないんです。スピードがコントロールできなくなりますから。

 その状態で滑ってけがをして、仕事に穴を開けるわけにはいきません。最初は少し寂しい思いもしましたが、一度辞めて、もう7シーズンも滑っていないと、今度は行くのが面倒くさくなってしまうんですね(笑)。できないこともないとは思いますが、これから再開しようとすると、道具もまた一からそろえなければいけません、進化していますからね。それが面倒なんです(笑)。

運動同様に芸術鑑賞も健全な心身の糧になる

 それで今は週に2回のトレーニングジムです。昔はシーズン前にトレーニングをして、スキーに臨むという形だったのですが、行かなくなったことで体力維持をしなくてはいけないと考えたんです。それまでも、あっちこっちのジムに不定期に行ってみたりしていましたが、定期的に通うようになったのは、スキーをやめてからです。

 先ほど週に2回と言いましたが、むしろ今は回数が増えています。前回も言いましたが、コロナ禍で夜の会食がなくなったので、会社が終わってからジムに行ける時間ができたからです。私が通っているジムは、スタジオにプール、ウエートトレーニング機器がそろった総合的な場所なんです。ですから、「今日はプールメインに」、「この日はウエートに重きを置いて」と、メリハリを付けて、バランス良くトレーニングすることを心がけています。

 体を動かして汗をかくのは気持ちが良いですし、気分転換になります。そのほかにも、運動ができない時は、美術館に行って絵画などを鑑賞したり、オーケストラのコンサートを聴きに行ったりします。こういった行動は自分の教養にもなりますし、心の栄養になっていると思います。普段とは違う、非日常の世界に心身を置くことも、健康的な生活を送るうえで大切なことなんです。

◇     ◇     ◇

 次回はご自身の食に対する考え方と、企業として提供する健康的な商品への思いについて伺います。

(まとめ:松尾直俊=フィットネスライター/写真:村田わかな)

私の「カラダ資本論」【キッコーマン 堀切社長】

第1回 朝のラジオ体操で仕事へのスイッチを入れる
第2回 非日常的な行動も心身の健康のために大切
第3回 “食と健康”、“食で健康”を大切にしたい
堀切功章(ほりきり のりあき)さん
キッコーマン代表取締役社長CEO
堀切功章(ほりきり のりあき)さん 1951年9月2日生まれ、千葉県出身。1974年慶應大学経済学部卒業後、キッコーマン醤油(現キッコーマン)入社。2002年関東支社長、03年執行役員、06年に常務執行役員経営企画室長、08年取締役常務執行役員に就任。11年に代表取締役専務執行役員兼キッコーマン食品代表取締役社長を経て、13年より代表取締役社長CEO。食品産業中央協議会副会長や日本醤油協会会長なども務めている。

先頭へ

前へ

2/2 page

日経グッデイ初割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 始めよう筋トレ 最低限やりたいエクササイズと食生活のポイント

    筋トレはできるだけ若いうちに始めることに大きなメリットがあるといわれる。それはなぜなのか。また、どんな筋肉をどのように鍛えるのが効果的なのか。高齢になってもしっかりした足腰でいるために今のうちから最低限やっておきたい筋肉エクササイズ、食生活の注意点などを知り、今年こそ「筋トレ習慣」を身に付けよう。

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday初割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.