日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > 朝、妻と一緒にジョギング【東急電鉄 髙橋社長】
印刷

私の「カラダ資本論」

朝、妻と一緒にジョギング【東急電鉄 髙橋社長】

第1回 夜型の生活改め罪滅ぼし

 髙橋和夫=東京急行電鉄

様々な分野で活躍する一流人が実践する健康マネジメント術を紹介する本コラム。今月は東京急行電鉄の髙橋和夫社長にご登場いただく。東急電鉄は、かねてから「健康経営」を推進しており、2015年から4年連続で「健康経営銘柄」に選定されている。そんな同社を率いる髙橋社長は、50代になってから夜型の生活を一変させたという。第1回は、健康維持を目的に始めたジョギングなどについて伺った。

 私が生活習慣を改善したのは、今から8年ほど前のことです。1991年から19年間、東急バスに出向していたのですが、その間はずっと夜型の生活を送っていました。バス会社は労務管理が難しい面があり、いわゆる飲みニケーションをとって話し合ったり、信頼を深めたりする機会が多かったので、帰宅はいつも遅くなっていましたね。自宅で夕食を食べるのは、週に1~2回あればいいほうでした。

 そんな生活を長く続けて50代ともなると、あまり無理がきかなくなってきます。そろそろ生活を変えたほうがいいかなと考え始めた頃、電鉄本社に戻ることになりました。それからは、夜に会合などがあっても、あまり遅くならずに帰れるようになったので、就寝時間や起床時間も早くなり、朝型の生活にシフトしていきました。週の半分以上は自宅で夕食をとるようにもなり、当初は妻が驚いていましたね(笑)。

 以前は深夜0時まで飲んでいることもありましたが、今ではその時間まで起きていられなくなりました。夜は0時前に寝て、朝は5~6時頃に目覚めるので、睡眠はしっかり6~7時間はとっていますね。朝型の生活に変わったことで、1日をフレッシュな状態で始められるようになり、仕事にもいいコンディションで向かえるようになりました。

 生活のリズムが変わって体調が整ってくると、今度は運動もしてみたくなり、ジョギングを始めました。週末の早朝に、自宅から20分程度の公園まで走り、約2.1kmあるジョギングコースを1~2周して戻ります。無理のないペースで2年ぐらい続けた後、少し負荷を高めたランニングをするようになり、今もずっと続けています。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.