日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > 「自分の心を知る」ことが健康の第一歩【グロービス堀義人氏】
印刷

私の「カラダ資本論」

「自分の心を知る」ことが健康の第一歩【グロービス堀義人氏】

最終回 ほのかな光しか出していない心との向き合い方

 堀 義人=グロービス経営大学院学長、グロービス・キャピタル・パートナーズ代表パートナー

仕事においては、やはりカラダが資本。多忙な中でも最高のパフォーマンスを発揮し続けるには、日ごろからの健康管理が欠かせない。
一流人が実践する健康マネジメント術を紹介する本コラム、グロービス経営大学院学長で、グロービス・キャピタル・パートナーズ代表パートナーも務める堀義人さん(53歳)の最終回だ。
体の健康は心の健康とつながっている。競争が厳しいビジネスの世界に身を置きながら、堀さんはいかにして心の平静を保っているのか。話を聞いた。

体の健康のためには心の平安が必要

体の健康のためには、心のストレスをいかに減らすかが大事。
体の健康のためには、心のストレスをいかに減らすかが大事。
[画像のクリックで拡大表示]

 以前、取材で「あなたにとって何が一番大事か」と質問されたことがあります。「一番大事なのは、心の平安とマインドフルネス」と僕は答えました。これらはもちろん、体の健康にもつながります。

 いつも心が平静な状態を保てるようにするためには、自分なりの哲学を持つことが大切だと思います。生きている意味は何か、心の健康とはどういうものかなどを自分なりに考え、自分なりの方法論を持つことでしょう。

 僕自身は陽明学の考え方が好きです。陽明学とは、中国の明代に王陽明がおこした儒教の一派で、心を陶冶(とうや)する、鍛えることの大切さを主張した教えです。

 「心即理(しんそくり)」「知行合一(ちこうごういつ)」などを主要な思想としています。「心即理」とは心は即ち理であるということ、「知行合一」は、知ることと行うことは同じことであり実践を伴わなければ本当に知っていることにはならないという思想です。

1/3 page

最後へ

次へ

日経グッデイ初割春割キャンペーン2022

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 放置すると命を脅かす「高血圧」 140未満でも油断禁物

    収縮期血圧(上の血圧)が基準値の140より低くても130以上であれば「高値血圧」と言い、生活改善が望まれる。そこで本記事では、なぜ血圧を下げる必要があるのかや、手軽で効果的な「血圧リセット術」について紹介する。今年こそ、高血圧を改善しよう。

  • 健康長寿の生命線! 放置は禁物 「腎臓」の異常値

    生命維持に欠かせないさまざまな機能を担っている腎臓は、よほど悪くならない限り悲鳴を上げない「沈黙の臓器」でもある。本記事では、大切な腎機能が失われる前に、異常値にどう対処すればいいか、腎臓を守るためにはどのような生活習慣に気を付けていけばいいかについて解説する。

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday初割キャンペーン2022

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.