日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > 割れた腹筋でプールサイドに立ちたい【グロービス堀義人氏】  > 2ページ目
印刷

私の「カラダ資本論」

割れた腹筋でプールサイドに立ちたい【グロービス堀義人氏】

第1回 11回連続でマスターズ水泳大会に参戦し、9回メダルを獲得

 堀 義人=グロービス経営大学院学長、グロービス・キャピタル・パートナーズ代表パートナー

三日坊主で終わらないコツは、分かりやすい目標

 中学校、高校と水泳部で全国大会に出た経験もあるので、僕の中で水泳のプライオリティーはかなり高い。行く時間はいつと決めてはいません。夜の会食の前や、昼休みの合間など時間はバラバラ。スイミングクラブなどに入ることも考えたことがありますが、スケジュールが合わなくてやめました。今は一人で黙々と泳いでいます。

 自分に無理を強いてストイックに水泳をやっているつもりはありません。あくまで楽しみながら泳いでいます。泳ぐことは楽しいし、水を切る感覚がとても好きなんですよ。それに何往復も泳ぐうちに雑念が消えて、仕事に関するアイデアが浮かぶこともあります。

 ただ、継続するうえでは、具体的な目標を設定した方がいい。以前、健康管理のために泳いでいた時期がありましたが、健康管理を目的に運動しても、どうも達成感がない。水泳によって自分の健康状態が良くなったのかどうかをみる明確な数値などがないので、「特に体に問題があるわけじゃないし、そこまでやらなくてもいいか」と自分に甘くなってしまうんですね。

健康は目的ではなく“副産物”

 そこで、中学時代から水泳には自信があった僕は年齢別の日本マスターズ水泳選手権大会に出場することにしました。でもさすがにブランクは大きく、成績はさんざん。参加してみて分かったのは、練習量が決定的に足りないということでした。

 それから、マスターズの大会で8位以内の入賞者のみがもらえるメダルを取ることを目指すようにしました。その副産物として健康がついてくる。健康づくりのためという漫然とした目標だと長続きしませんが、これというゴールさえあれば頑張れる。

 三日坊主で終わらないコツは、達成できたかどうかが分かりやすい目標を掲げることだと思います。ちなみに現在、11回連続で大会に参戦し、そのうち9回メダルを獲得しています。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悩ましい「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法

    放っておいても失明につながる心配はないものの、日常生活に不便をもたらしたり、疲れや肩こりなどの体の不調を引き起こす、悩ましい目の症状。今回は、そうした「ちょっと困った目の症状」の代表例である「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法をまとめていく。

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.