日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > 割れた腹筋でプールサイドに立ちたい【グロービス堀義人氏】
印刷

私の「カラダ資本論」

割れた腹筋でプールサイドに立ちたい【グロービス堀義人氏】

第1回 11回連続でマスターズ水泳大会に参戦し、9回メダルを獲得

 堀 義人=グロービス経営大学院学長、グロービス・キャピタル・パートナーズ代表パートナー

仕事においては、やはりカラダが資本。多忙な中でも最高のパフォーマンスを発揮し続けるには、日ごろからの健康管理が欠かせない。
一流人が実践する健康マネジメント術を紹介する本コラム、今月はグロービス経営大学院学長で、グロービス・キャピタル・パートナーズ代表パートナーも務める堀義人さん(53歳)にご登場いただく。
国内屈指のMBA(経営学修士)スクールを経営する堀さん。数多くのリーダーと接してきた中で、組織を引っ張るリーダーには「健康力」が欠かせないと話す。そんな堀さん自身の健康法とは。

会社からでも外出先からでも、隙間時間ができたらプールへ行くようにしています。

 僕は週3回、日を3日と空けず、1回につき1000メートルは泳いでいます。実は今日も先ほどひと泳ぎしてきたところです(笑)。「忙しいのに、よく時間が取れますね」と言われますが、僕は隙あらばプールに行くようにしています。

 思い立ったら、会社からでも外出先からでもすぐに行けるように、常に水着やゴーグルなどの「水泳セット」を持ち歩いているんですよ。それに公共のプールの場所と営業時間はチェック済み。今では千代田区のプールはどこか、渋谷区のプールはどこにあるかなどは大体頭の中に入っているほどです。

これが愛用の「水泳セット」
[画像のクリックで拡大表示]

 そこまで準備しておき、スケジュール表とにらめっこして、時間の空いているところを見つけたら泳ぎに行く。とりわけ会社の近くの小学校は夜間に一般開放しているのでよく行きます。

 週3回、1回最低1000メートルの水泳はもう10年以上続けている習慣なので、今では泳がないと何だか気持ちが悪い。だから、忙しい中でも何とかして水泳のための時間を捻出しようとするわけです。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 変形性膝関節症のつらい痛みを改善する運動とは?

    年を取ると多くの人が感じる「膝の痛み」。その原因で最もよくあるケースが「変形性膝関節症」だ。膝が痛いと外出がおっくうになり、体を動かす機会が減るため、そのまま何もしないとますます足腰が衰えてしまう。だが実は、変形性膝関節症の痛みをとり、関節の動きを改善するために有効なのが、膝への負担を抑えた「運動」なのだ。ここでは、膝の痛みが起きる仕組みから、改善するための運動のやり方までをまとめよう。

  • 始めよう筋トレ 最低限やりたいエクササイズと食生活のポイント

    筋トレはできるだけ若いうちに始めることに大きなメリットがあるといわれる。それはなぜなのか。また、どんな筋肉をどのように鍛えるのが効果的なのか。高齢になってもしっかりした足腰でいるために今のうちから最低限やっておきたい筋肉エクササイズ、食生活の注意点などを知り、今年こそ「筋トレ習慣」を身に付けよう。

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.