日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > 各地のマラソン大会に参加、日本百名山制覇も目指す【マネックス証券 清明社長】
印刷

私の「カラダ資本論」

各地のマラソン大会に参加、日本百名山制覇も目指す【マネックス証券 清明社長】

第2回 現地での触れ合い、地酒の楽しみも

 清明祐子=マネックス証券

様々な分野で活躍する一流人が実践する健康マネジメント術を紹介する本コラム。今月はマネックス証券の清明祐子社長にお話を伺った。第1回では経営者として多忙な日々を送る一方、ワインや乗馬など多彩な趣味を楽しんでいるエピソードを紹介した。第2回はマラソンや登山について語ってもらった。

ハイシーズンはスケジュール調整に苦心

 前回、午前中に長野県の軽井沢ハーフマラソンを走ったあと、東京での自社セミナーに駆けつけたお話をしましたが、秋から春にかけてのマラソンシーズンには、毎月1回はハーフかフルマラソンの大会に参加しています。時には1カ月に2回、一時期は3週連続で走ったこともありました。マラソン大会の少ない春から秋にかけては山登りを楽しみます。

 夏場はマラソンはオフシーズンではあるのですが、例年は東京マラソンなど冬の大会のエントリーが始まります。登山の計画を立てながら、各地で開催されるマラソン大会の日程とエントリーの締め切りを確認して申し込む。登山もマラソンも日本各地を訪れるので、移動や宿泊の手配も必要です。これがなかなか大変で。私のスケジュール表は仕事の予定はもちろんですが、こうしたプライベートの予定も混在しています。全部一緒に管理しないとよく分からなくなってしまうんですよね。

 実は1度、山口県の「維新の里 萩城下町マラソン」の予定を入れていて、航空券や宿の手配も済ませていたのに、マラソンのエントリーを忘れていたという“事件”がありました(笑)。城下町を走るのを楽しみにしていたのに、前日にふと、エントリー完了後に送られてくるはずのゼッケンが届いていないことに思い至り、そこでエントリー忘れに気づいたんです。

 会社で気づいた瞬間に思わず「あッ!」と大きな声を上げたら、その場にいた社員たちも「どうしたんですか!?」と驚いて、「明日のマラソン、エントリーし忘れていたみたい」と言ったら、大爆笑! あの時は本当にショッックでしたね。でも、せっかくだからと気を取り直して、予定通りに現地に向かい、参加予定だったハーフのコースとほぼ同じルートを、観光しながらゆっくり走ってきました。

仕事にはない緊張感や達成感が味わえる

 今でこそフルマラソンも走れるようになりましたが、最初は3kmを走るのもやっとでした。しんどいながらもなんとか3km走れるようになったら、次は5km。5kmが走れるようになったら10kmと、徐々に距離を延ばして練習していったんです。

 10kmに慣れてきた頃、ハーフマラソンに挑戦。初めてエントリーしたのは、東京の荒川河川敷で開催される「谷川真里ハーフマラソン(現ハイテクマラソン)」です。その後も、八ヶ岳や軽井沢、仙台などでハーフを走り、神戸・金沢・富山・長野といった主要都市でのフルマラソンも走ってきました。人気のある東京マラソンは毎年落選していたのですが、今年予定されていた2020大会に初めて当選! とても楽しみにしていたのですが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止になってしまい、残念でした。

2019年4月の「長野マラソン」、同年10月の「富山マラソン」にて。

 私のマラソンはあくまで趣味の範囲で、タイムにはあまりこだわりがありません。フルマラソンは今でも途中で歩くこともありますし、完走には5時間近くかかります。前日にお酒を飲み過ぎて、途中でリタイアしたことも一度だけありました(笑)。それでも、スタートラインに立った時の緊張感や、完走した時の達成感は、仕事や普段の生活とは違った非日常感があってワクワクします。

 地方での大会の時は大抵、前日に現地入りして、その地方の地酒を飲みながら、おいしいものを食べるのが楽しみになっています。周囲の人にはよく、走りに行っているのか、お酒を飲みに行ってるのか分からないと言われます。地方の大会は地元の皆さんの応援も温かくて、そんな触れ合いも魅力の一つですね。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

  • 悩ましい「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法

    放っておいても失明につながる心配はないものの、日常生活に不便をもたらしたり、疲れや肩こりなどの体の不調を引き起こす、悩ましい目の症状。今回は、そうした「ちょっと困った目の症状」の代表例である「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法をまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.