日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > 各地のマラソン大会に参加、日本百名山制覇も目指す【マネックス証券 清明社長】  > 2ページ目
印刷

私の「カラダ資本論」

各地のマラソン大会に参加、日本百名山制覇も目指す【マネックス証券 清明社長】

第2回 現地での触れ合い、地酒の楽しみも

 清明祐子=マネックス証券

 また、マラソンや登山で日本各地を訪れていると、地場の金融業の方々やお客様との会話や親交のきっかけになることもあります。例えば、「山形まるごとマラソン」にエントリーした時には、協賛されている荘内銀行さんのネームが入ったゼッケンを付けて走ったのですが、そのことを話題にすると喜んでいただけました。

 ホノルルマラソンやボストンマラソンなど海外の大会にも興味はあるのですが、今のところは仕事を調整するのが難しそうです。ただ、フランス・ボルドーのメドック地方で開催される「メドックマラソン」には、いつか行ってみたいなと思っています。メドックマラソンはその年ごとのテーマに沿った仮装をして、ぶどう畑やシャトー(ワイナリー)をめぐるコースを走るのですが、エイドステーション(給水所)では名産のワインが振る舞われるのだそうです。そんな大会なら、いつもはつらくなる30km以降も、楽しく走れそうですよね。

山の美しさに魅了され、日本百名山制覇に挑戦

 マラソンのオフシーズンは、山登り。初めは東京近郊の奥多摩周辺の山を登って、山頂に着いた時の爽快感や、緑の中を歩くうちに無心になって、アタマとココロがスッキリしていく感覚を体験して、いろいろな山を登ってみたくなりました。それから、本を見て面白そうな山を登り始めたら、だんだん仲間も増えていって、富士山登頂も果たしました。

 そうしているうちに「日本百名山」というものがあることを知り、百名山制覇を目指すことに。私はどんなことでも、目標やゴールを設定して、そこに向かって邁進するのが好きなんですよね。以来、百名山を中心に登る山を決めています。友人と一緒の時にも、百名山で私が未踏の山を選んでもらうんですよ。友人たちには北アルプスなど何度でも訪れたい山があるのに、文句を言いながらも付き合ってくれるのでありがたいなと思っています。

2019年8月、マネックス証券の八戸オフィスの有志と登頂した日本百名山の「八甲田山」にて。

 北アルプスには多くの人が憧れる山がたくさんあって、初めてテント泊をして登ったのが、穂高岳でした。その次には槍ヶ岳、剱岳にも登りました。テントを担いで登る時は重装備になって大変ですが、目の前にそびえる山の美しさは格別です。キリッと冷える山の朝にコンロでお湯を沸かしていれて飲むコーヒーや、山頂で食べるカップ麺は「こんなにおいしいものはない!」と思いますし、登山で疲れたあとに飲むビールやワインも最高です。登山をする人はできるだけ荷物を軽くするものなのに、私はいろいろ持参するので、荷物が多くなりがちです。それでもワインは必要なので、ペットボトルや保存袋に詰め替えて持っていくようにしています(笑)。

 私は技術がないと登れないような山や雪山は危険なので避けていますが、剱岳は鎖を頼りに断崖絶壁を登る「カニのタテバイ」、岩壁を這うように進む「カニのヨコバイ」と呼ばれるようなところがあって、スリリングでしたがすごく楽しかったですね。

 剱岳に登ったのは2年ほど前なのですが、山頂であとから登ってこられた年配の方が、「百名山達成!」と書かれた旗を掲げていました。その旗を見た時、ハッとしたんですよね。私はそれまで、百名山を順不同で登ってきて、百名山の中でも難易度が高いとされる穂高岳も槍ヶ岳も、劔岳も登ってしまった。私の100座目はどこにしたらいいんだろうと。百名山を制覇した時に「どうしてこの山を100座目にしたんですか?」と聞かれたら、やっぱり意味付けがほしいじゃないですか。そんなことは聞かれないかもしれないですけど(笑)。

 今年の8月に日帰りで登った群馬県の赤城山で52座目となりました。百名山で登れる山は1年間に4~5座程度なので、制覇にはまだ10~15年くらいかかりそうです。今後は100座目をどこにするか考えつつ、コツコツ登っていきたいと思っています。

(まとめ:田村知子=フリーランスエディター/写真:村田わかな)

私の「カラダ資本論」【マネックス証券 清明社長】

第1回 マラソン、登山、乗馬、ワイン…多彩な趣味が活力に
第2回 各地のマラソン大会に参加、日本百名山制覇も目指す
第3回 山手線一周ラン、都内のオリ・パラ会場巡りも
清明祐子(せいめい ゆうこ)さん
マネックス証券代表取締役社長
清明祐子(せいめい ゆうこ)さん 2001年に京都大学経済学部を卒業後、新卒で三和銀行(現三菱UFJ銀行)に入行。2006年からMKSパートナーズ(プライベート・エクイティ・ファンド)の参画を経て、2009年2月にマネックス・ハンブレクト(2017年にマネックス証券と統合)に入社し、2011年に同社社長に就任。2019年4月よりマネックス証券代表取締役社長(現任)、2020年1月マネックスグループ代表執行役COO(現任)。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

  • 悩ましい「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法

    放っておいても失明につながる心配はないものの、日常生活に不便をもたらしたり、疲れや肩こりなどの体の不調を引き起こす、悩ましい目の症状。今回は、そうした「ちょっと困った目の症状」の代表例である「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法をまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.