日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > ストレスによる心の振れ幅を最小限にする方法【ネクスト井上氏】
印刷

私の「カラダ資本論」

ストレスによる心の振れ幅を最小限にする方法【ネクスト井上氏】

第2回 マインドフルネスに通じる合気道で心を鍛錬

 井上高志=株式会社ネクスト社長

 仕事においては、やはりカラダが資本。多忙な中でも最高のパフォーマンスを発揮し続けるには、日ごろからの健康管理が欠かせない。一流人が実践する健康マネジメント術を紹介するコラム、今回は不動産情報サービス業のネクスト・井上高志社長の第2回目。怒りや緊張を感じると腹が立ったり心が上ずったりしがちだが、そういったストレスに動じず心を常に安定に保つために井上社長が行っていることを伺った。

合気道の極意は相手を倒すことではなく、導き動かすこと。マインドフルネスにも通じるような心のコントロール術を学んでいます
[画像のクリックで拡大表示]

 私は「心身は表裏一体」と考えていますが、2年ほど前から始めた合気道でも、「心身一如(しんしんいちにょ)」という教えがあります。これは簡単にいうと、心と身体は一体のもので、心が調い、落ちついた明鏡止水の状態にあるときこそ、最高の能力やパフォーマンスを発揮できるというものです。

 合気道と聞くと、相手に技をかけたり、はね飛ばしたりするイメージを持たれる方もいるかもしれません。しかし、合気道の極意は相手を倒すことではなく、心と体を一体にして、相手を導き動かすことにあります。そのためには、心をしずめることが最も重要です。

 私はマインドフルネスにも通じるような、心をコントロールする術を習得するために合気道を学んでいます。私が通う「心身統一合氣道会」を創設された宗主の藤平光一先生は、プロ野球選手の王貞治氏や広岡達朗氏などを指導されたことで知られています。現在の継承者、藤平信一先生のもとでも、多くの経営者やアスリートなどが指導を受けています。

ストレスによる心の振れ幅を最小限に

 私が合気道を学び始めたのは、登山家の友人、小西浩文さんのご紹介がきっかけでした。小西さんは標高8000メートルを超える山で、無酸素登頂にチャレンジされている方です。

 小西さんが挑む8000m峰では、酸素や気圧が平地の3分の1になり、気温もマイナス15~45度になるそうです。そうした厳しい環境では、脳や心臓などに負担がかかり、冷静な判断ができなくなってしまう。そうなると、何かあったときに助かる手立てがあったとしても、恐怖心や絶望感に支配されて、命を落とす登山家もいるのだそうです。そうした過酷な世界では心の鍛錬、コントロールが重要になると聞き、関心を持ちました。

 現代社会で生きていると、仕事でも日常生活でも、さまざまなストレスにさらされます。そのときにも心を鍛えていると、ストレスによって精神状態が揺らいだとしても、その振れ幅をすぐにもとの平静な状態に戻せるようになるのです。

1/2 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策NEW

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.