日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > 自社グループで健保組合を設立、経常収支は黒字を維持【フューチャー 金丸会長兼社長】  > 2ページ目
印刷

私の「カラダ資本論」

自社グループで健保組合を設立、経常収支は黒字を維持【フューチャー 金丸会長兼社長】

第3回 癒やしの空間を演出した本社オフィスも

 金丸恭文=フューチャー

ワークスタイルにこだわった環境づくりも

会議室の前には水が流れるスペースも

 フューチャーでは、「Anytime, Anywhere(時間や場所にとらわれない働き方)」「Work Healthy(健康な心と身体を維持する働き方)」といったワークスタイルを重視した環境づくりにもこだわっています。

 本社オフィスでは、チームでグループワークができるコラボレーションスペースや、業務に集中できる個々のブースなどを配置し、業務に応じて作業スペースを選べる環境を提供しています。ヘルシーフードを提供するカフェスペースや、卓球やボルダリング、エアロバイクでリフレッシュできるスペースなどもあります。お客様を迎えるエントランスはアジアンリゾートをイメージし、水のカーテンや緑をしつらえ、癒やしの空間を演出しています。

 社員の提案で1年に1回実施している「Future Family Day」では、小学生を中心としたお子さんたちがお父さん、お母さんの職場見学に訪れますが、こうした空間でのスタンプラリーや体験型イベントなどを楽しんでくれているようです。ハワイ旅行など社員と家族が交流できる全社的なイベントも2年に1度のペースで開催されていて、そうした場でお子さんたちが成長していく姿を見ていると、感慨深いものがありますね。

カフェスペース(左)もあれば、ボルダリングができるスペース(右)もある

学生時代の仲間との交流で健康の大切さを実感

 私は今年で65歳になりましたが、学生時代のバンド仲間は、仕事をリタイアしたあと、バンドを再結成して熱心に活動しています。学生時代はウエストコーストロックのバンドを組んでいて、私はボーカルとベースを担当していたのですが、いまや私は取り残されて、ポジションが失われています(笑)。

 彼らも週に何日かは企業の顧問やアドババイザーを務めていますが、学生時代よりも今のほうが時間があるので、何時間も練習をして、完璧な音を追求しているんですよ。当時はイーグルスやドゥービー・ブラザーズなどをカバーしていましたが、今はさらにレパートリーが増えています。すごいなと感心する一方で、ライブに毎回呼ばれたり、SNSで動画を頻繁に見せられたりするのは、そろそろ勘弁してほしいと思うこともあります(笑)

 また、先日は高校時代のハンドボール部でレギュラーだったメンバーが集まって飲んだのですが、7人のうち3人が前立腺がんで手術をしたと話していました。3人とも元気でしたが、こういう話を聞くようになる年齢になったんだなと感じました。

 健康でなければ、バンド活動を続けることも、旧友と集まって酒を飲むこともできなくなります。まだ先の長い人生を豊かに楽しむためにも、今の健康を維持していきたいと思いますね。

(まとめ:田村知子=フリーランスエディター/写真:村田わかな)

私の「カラダ資本論」【フューチャー 金丸会長兼社長】

第1回 「ステッパー運動」で1日50kcal消費を14年継続
第2回 健康管理も、データを活かした戦略が重要訣
第3回 自社グループで健保組合を設立、経常収支は黒字を維持
金丸恭文(かねまる やすふみ)さん
フューチャー会長兼社長グループCEO/フューチャーアーキテクト会長
金丸恭文(かねまる やすふみ)さん 1954年大阪府生まれ。78年神戸大学工学部卒業後、TKC、ロジック・システムズ・インターナショナルなどを経て、89年フューチャーシステムコンサルティング(現フューチャー)を設立、社長に就任。同社は2016年4月に持株会社制に移行し、現在は持株会社であるフューチャー会長兼社長グループCEOおよびその傘下の事業会社フューチャーアーキテクトの会長を務める。内閣府規制改革会議議長代理、同農業 WG・水産WG 統括、内閣官房未来投資会議および働き方改革実現会議議員、経済同友会副代表幹事なども歴任。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

  • 早期発見、早期治療で治す「大腸がん」 適切な検査の受け方は?

    日本人のがんの中で、いまや罹患率1位となっている「大腸がん」。年間5万人以上が亡くなり、死亡率も肺がんに次いで高い。だがこのがんは、早期発見すれば治りやすいという特徴も持つ。本記事では、大腸がんの特徴や、早期発見のための検査の受け方、かかるリスクを下げる日常生活の心得などをまとめていく。

  • 放置は厳禁! 「脂肪肝」解消のコツ

    人間ドック受診者の3割以上が肝機能障害を指摘されるが、肝臓は「沈黙の臓器」だけあって、数値がちょっと悪くなったくらいでは症状は現れない。「とりあえず今は大丈夫だから…」と放置している人も多いかもしれないが、甘く見てはいけない。肝機能障害の主たる原因である「脂肪肝」は、悪性のタイプでは肝臓に炎症が起こり、肝臓の細胞が破壊され、やがて肝硬変や肝がんへと進んでいく。誰もが正しく知っておくべき「脂肪肝の新常識」をまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.