日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > 自社グループで健保組合を設立、経常収支は黒字を維持【フューチャー 金丸会長兼社長】
印刷

私の「カラダ資本論」

自社グループで健保組合を設立、経常収支は黒字を維持【フューチャー 金丸会長兼社長】

第3回 癒やしの空間を演出した本社オフィスも

 金丸恭文=フューチャー

様々な分野で活躍する一流人が実践する健康マネジメント術を紹介する本コラム。今月は、ITコンサルティングを手がけるフューチャーの会長兼社長グループCEOである金丸恭文さんにお話を伺ってきた。最終回は、自社グループで設立した健保組合やオフィス環境、旧友との交流について聞いた。

 フューチャーグループは2014年10月に、フューチャーグループ健康保険組合を設立しました。それまでは、IT企業向けの大規模健保組合に加入していたのですが、ガバナンスやサスティナビリティの観点から、自社グループでの運営に踏み切りました。理事長は私が務めています。

 多数の企業が加入する健保組合では、健康診断や検診が一律に実施されますよね。メニューは年齢などで決まることが多く、結果は全体での平均を取って示される。受診する医療機関も指定されています。でも、その根拠がよく分からないし、社員一人ひとりの具体的な情報も見えづらい。そのことに、ずっと疑問を抱いていました。

 フューチャーグループではこれまで、在籍中の社員が2人、がんを患い亡くなっています。1人は50代前半の役員で肝臓がん、もう1人は20代後半で肺がんでした。20代の社員は会社の検診で比較的早期にがんが疑われ、精密検査を経て診断されたのですが、若かったからか進行が早く、残念ながら助かりませんでした。彼は社内の野球部に所属していて、仲間にとても慕われていました。亡くなってから10年くらい経ちますが、いまだに仲間やその後輩たちが、命日に実家のご両親を訪ねて、お墓参りをしているそうです。

 フューチャーグループの健保組合の被保険者と被扶養者は現在約3000人、被保険者の平均年齢は35歳です。これが大規模健保組合に加入していれば、多くの人ががん検診などは対象外となりますし、大規模健保の運営側にとっては、加入者は何千人、何万分の1といった数字でしか捉えられません。しかし、フューチャーにとっても、私にとっても、亡くなった社員は決して3000分の2ではなく、大切な顔の見える2人で、亡くなってしまったことに悲しみや痛みを感じます。

 自社グループの健保組合であれば、自分たちでメニューを決められますし、健康診断や検診を実施する医療機関も自分たちで医療体制や経営状況まで調べた上で、信頼できる施設を選定できます。さらに、受診した社員の声を集めて評価を見直し、メニューを改善したり、医療機関を変更したりすることも可能です。また、健診や受診の情報などをデータ化して分析を行い、社員の健康状態や健康リスクを把握したり、医療費の状況を把握したりすることもできます。つまり、自分たちの健康は、自分たちで守ることができるんですね。

 こうした運営を実現するためには、大規模健保組合に比べると、どうしてもコストはかかります。そうすると、業績や売上を向上しなければいけませんし、そのためには心身の健康を維持して元気に働けないといけない。社員が健康になれば、結果的に健保組合の財政状態もよくなる。このシナジーも考慮した上で、自社グループの健保組合を立ち上げたわけです。

 現在、多くの健保組合の財政が悪化しており、健康保険組合連合会の発表によると、2019年度の予算早期集計では全体の6割以上が赤字となっています。しかし、フューチャーグループの健保組合の収支は、黒字を維持しています。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.