日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > 健康管理も、データを活かした戦略が重要【フューチャー 金丸会長兼社長】

私の「カラダ資本論」

健康管理も、データを活かした戦略が重要【フューチャー 金丸会長兼社長】

第2回 食事は栄養バランスの比率を意識

 金丸恭文=フューチャー

様々な分野で活躍する一流人が実践する健康マネジメント術を紹介する本コラム。今月は、企業のITコンサルティングを手がけるフューチャーの会長兼社長グループCEOである金丸恭文さんにお話を伺った。第2回は、「ファクトベースが重要」と語る、金丸さんのこだわりの食事術などを紹介する。

 日ごろはB級グルメが好きなのですが、夜はどうしても会食が多くなります。会食は相手があることですから、自分でコントロールするのは難しい。先日は、2日続けて中華料理、しかも同じ店でということがありました。自分よりも歳上の方は中華の円卓を好まれることが多いのですが、お相手に前日にも別の方と会食をした店を指定されたときは驚きました。お店の方もびっくりされていましたね。それでこっそり、前日とメニューを変えていただくようにお願いしました。

 会食はコース料理が多いですし、お酒を勧められると飲まざるをえません。もともと飲むのは好きで、ほぼ毎日、ワインだとボトル半分、グラスにして4杯くらいは飲んでいます。それでも、会食が続くときには「ウーロン茶で」と言いたくなることもあるのですが、諸先輩方と同席すると、「若いのに、飲まないなんて」とブーイングが起こるんです。みなさんご自身はノンアルコールビールでも、なぜか私には飲ませたがる。私ももういい歳なんですけどね(笑)。

 さらに、昼に会食が入ることもあります。フューチャーの関連会社では、最新のトレンドやグルメ情報を紹介する月刊誌『東京カレンダー』を発行していて、私はそこで「SPECIAL TALK」という連載対談企画のホストを務めています。この連載では、経営者や各界で活躍する方々をゲストに招き、その半生や転機など人生を切り拓いてきた軌跡を語っていただくことで、次世代のニューリーダーたちに向けたメッセージを発信しています。

 対談は毎回、東京を代表するような素敵なレストランで、食事を楽しみながら行っているのですが、最近はランチをセッティングすることが多くなっています。ランチにこの対談が入り、夜も会食となると、1日の摂取カロリーはゆうに3000~4000kcalになってしまいます。これはかなり危機的な状況です。

 それでも、朝・昼・夜と必ず3食とるので、体重や体脂肪率を毎朝測り、変化があれば会食以外の食事の量を減らして調整したり、少しでも歩いてカロリーを消費したりしています。

 今は体重よりも体脂肪率に重きを置いていますが、毎日必ず測定することが大事だと思っています。データを見て、次のアクションを考え、実行する。経営の意思決定と同じですね。一方、私の妻は、太ってきたなと思っているときほど、体重や体脂肪率を測りません。あれはきっと、現実逃避なのでしょうね(笑)。でもやはり、ファクトベースで打つ手を考えることが重要です。

1/2 page

最後へ

次へ

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.