日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > 健康管理も、データを活かした戦略が重要【フューチャー 金丸会長兼社長】  > 2ページ
印刷

私の「カラダ資本論」

健康管理も、データを活かした戦略が重要【フューチャー 金丸会長兼社長】

第2回 食事は栄養バランスの比率を意識

 金丸恭文=フューチャー

炭水化物はエネルギー摂取量の40%に

 食事では、エネルギーを産生する栄養素であるたんぱく質、脂質、炭水化物をバランスよく取ることが大切で、1日に必要なエネルギー摂取量に対するその比率は、たんぱく質が13~20%、脂質が20~30%、炭水化物が50~65%とするのが理想的とされています。一時期、炭水化物を控える糖質制限ダイエットがブームになっていましたが、極端な糖質制限は長続きしません。例えば、仮に1日に2000kcalのエネルギーが必要だとすると、炭水化物を限りなくゼロにした場合は、たんぱく質で1000kcal、脂質で1000kcal取ることになります。これはかなり至難の業です。

 私は1日の摂取カロリーのうち、炭水化物は40%になるように意識しています。ですから、たんぱく質と脂質はざっくりいうと30%ずつですね。その比率からして、たんぱく質は1日60~70gとるようにしています。例えば、ヒレステーキ100gで20gのたんぱく質がとれますから、300g分ということですね。

 私は食事も、前回お話しした運動も、すべて独学で実践していますが、そのベースは健康情報を中心としたライフスタイル誌「Tarzan(ターザン)」で学びました。Tarzanでは筋トレや太らない食事術といった様々な特集が組まれていて、かなり細かなデータなども出しているので、よく参考にしていました。「愛読書はTarzan」と公言していたくらいです(笑)。ただ、ずっと読んでいるとある程度パターン化されて、ほとんどの情報がインプットされてしまったので、今はもう卒業しました。

歩数も意識してコツコツ稼ぐ

 摂取カロリーがオーバーしてしまったときは、なるべく歩く機会を増やします。出社前に愛犬を連れて散歩をすると3500歩。社内では15階のオフィスから1階まで階段で降りるなど2000歩を目標に歩きます。帰宅時に自宅の手前でハイヤーを降りて、2000歩程度歩くこともあります。

 それから、これは裏ワザですが、デパートで歩くのも意外といいんですよね。とくに雨の日は濡れずに済みますし、暑い日は冷房のきいた涼しい空間で汗だくにならずに歩けます。それに、お店を見ながら歩いていると楽しいですしね。各フロアを回っていくと、2000~3000歩は歩けます。ウォーキングはカロリー消費量としてはそれほどではなくても、やはり積み重ねが大事だと思っています。

 私は飲酒や会食が多いからか、健康診断では尿酸値やLDL(悪玉)コレステロール値が高くなりがちです。それでも、今のところは健診結果に問題はなく、合格をいただいています。その健診結果は、自室のクロゼットの扉に張り出して、目に付くようにしています。私はお酒を飲まなければ、さらにいい数値で完璧だと思うのですが、こればかりはなかなか難しいですね(笑)。

(まとめ:田村知子=フリーランスエディター/写真:村田わかな)

次回は、自社グループで設立した健保組合などについて伺います。

私の「カラダ資本論」【フューチャー 金丸会長兼社長】

第1回 「ステッパー運動」で1日50kcal消費を14年継続
第2回 健康管理も、データを活かした戦略が重要訣
第3回 自社グループで健保組合を設立、経常収支は黒字を維持
金丸恭文(かねまる やすふみ)さん
フューチャー会長兼社長グループCEO/フューチャーアーキテクト会長
金丸恭文(かねまる やすふみ)さん 1954年大阪府生まれ。78年神戸大学工学部卒業後、TKC、ロジック・システムズ・インターナショナルなどを経て、89年フューチャーシステムコンサルティング(現フューチャー)を設立、社長に就任。同社は2016年4月に持株会社制に移行し、現在は持株会社であるフューチャー会長兼社長グループCEOおよびその傘下の事業会社フューチャーアーキテクトの会長を務める。内閣府規制改革会議議長代理、同農業 WG・水産WG 統括、内閣官房未来投資会議および働き方改革実現会議議員、経済同友会副代表幹事なども歴任。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.