日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > 「ステッパー運動」で1日50kcal消費を14年継続【フューチャー 金丸会長兼社長】  > 2ページ目
印刷

私の「カラダ資本論」

「ステッパー運動」で1日50kcal消費を14年継続【フューチャー 金丸会長兼社長】

第1回 筋トレでオーダースーツの似合う体型維持も

 金丸恭文=フューチャー

ビスケット1枚分のカロリー消費を毎日コツコツ

 まずは毎朝1カ月間、50kcalを消費する分だけ、ステッパーを踏むことから始めました。そして、夜の10時以降はお酒は飲んでも、なるべく食べないようにする。この2つを実践することで、1カ月後には体重が500g減りました。そのまま毎朝ステッパー運動を続けると、3カ月で1.5kg減。その後も毎月500gのペースで減っていき、1年後には6kg減って、66.5kgになりました。50kcalというと、ビスケット1枚分程度のカロリーですが、それでも毎日コツコツ消費することを続けていくと、確実に成果につながるんですね。

 それ以来、出張時をのぞく年間300日程度は、毎朝ステッパーを踏んでいます。最初のステッパーは1年くらいで壊れてしまい、その後に2回ほど買い換えました。14年目の今は4台目で、フィットネスジムが開発したステッパーを愛用中です。

 現在はステッパーだけでなく、筋トレも毎朝しています。当初は腕立て伏せを5回×3セットから始めて、今は40回×3セット。腹筋も徐々に回数を増やして、100回×3セット行うようになりました。体重は66.5kgのままですが、脂肪が減って筋肉ついたので、体型はかなり変わっていると思いますね。実は筋トレも、最初はジムでコツを学ぼうとしたのですが、トレーナーの方よりも自分の体脂肪率のほうが低かったので、またすぐにやめてしまいました。

 経営者仲間にはよく、「通っているジムを教えてほしい」と聞かれるのですが、「ジムには通わず、自分でトレーニングしている」と答えると、「絶対ウソだ、1人でずっと続けられるわけがない」などと言われます。「本当は美人パーソナルトレーナーが3人くらいついているらしい」などと噂されてもいるようです(笑)。

 でも、実際のところは、太っていたころに着ていたスーツが合わなくなって、全て処分し新調したので、またスーツを買い替えるようなことがないように、今の体型を維持したい。その気持ちがモチベーションになっています。

(まとめ:田村知子=フリーランスエディター/写真:村田わかな)

次回は、食事の工夫などについて伺います。

私の「カラダ資本論」【フューチャー 金丸会長兼社長】

第1回 「ステッパー運動」で1日50kcal消費を14年継続
第2回 健康管理も、データを活かした戦略が重要訣
第3回 自社グループで健保組合を設立、経常収支は黒字を維持
金丸恭文(かねまる やすふみ)さん
フューチャー会長兼社長グループCEO/フューチャーアーキテクト会長
金丸恭文(かねまる やすふみ)さん 1954年大阪府生まれ。78年神戸大学工学部卒業後、TKC、ロジック・システムズ・インターナショナルなどを経て、89年フューチャーシステムコンサルティング(現フューチャー)を設立、社長に就任。同社は2016年4月に持株会社制に移行し、現在は持株会社であるフューチャー会長兼社長グループCEOおよびその傘下の事業会社フューチャーアーキテクトの会長を務める。内閣府規制改革会議議長代理、同農業 WG・水産WG 統括、内閣官房未来投資会議および働き方改革実現会議議員、経済同友会副代表幹事なども歴任。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.