日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > 「ステッパー運動」で1日50kcal消費を14年継続【フューチャー 金丸会長兼社長】
印刷

私の「カラダ資本論」

「ステッパー運動」で1日50kcal消費を14年継続【フューチャー 金丸会長兼社長】

第1回 筋トレでオーダースーツの似合う体型維持も

 金丸恭文=フューチャー

様々な分野で活躍する一流人が実践する健康マネジメント術を紹介する本コラム。今月は、ITコンサルティングを手がけるフューチャー会長兼社長グループCEOである金丸恭文さんにお話を伺っていく。同社は89年に創業後、最先端のITを駆使し、顧客に最適なソリューションを提供。2002年に東証一部上場を果たしている。第1回は、東証一部上場が転機となって取り組み始めたという、金丸さんの運動習慣について聞いた。

 私は大学卒業後、ITベンチャーを経て、35歳でフューチャーを創業しました。ITベンチャーにいた当時は土曜・日曜もなく、深夜まで働いていましたね。仕事終わりには3軒から5軒は飲み歩き、締めのラーメンを食べて帰る。そんなひどい生活を送っていたのですが、学生時代はハンドボールに打ち込んでいたので、健康には自信がありました。実際、病気をすることもなく、体重もほとんど変わりませんでした。

 ところが、45歳で株式を店頭公開し、48歳で東証一部に上場すると、セキュリティーの観点からやむなくハイヤーで通勤するようになり、68kgだった体重が徐々に増えていきました。車通勤になったことで、1日の消費カロリーが減ってしまったことが原因でしょう。

 体重が増えていることに薄々感づいてはいたものの、3年後に現実を突き付けられる出来事がありました。

オーダースーツで体型の変化を痛感

 ある講演会でスーツの仕立て券をいただいて、紳士服店にオーダーをしに行ったときのことです。店員さんが私の身体を採寸し、胸囲や腹囲、ヒップ周りなどのサイズを別の店員さんに伝えてメモしていったのですが、読み上げられる数字が、耳を疑うようなものだったんです(笑)。

 当時の体重は72.5kgくらいでしたから、3年間で4~5kg太ったことになります。ただ、体重よりも身体のサイズが変わってしまったことにショックを受けて、これはなんとかしないといけないと痛感しました。

 さらにもう1つ、危機感を抱くことが重なりまして。それは、子どもの運動会です。私には息子が3人いて、三男がちょうどそのころに小学校に入学したんですね。長男、二男が小学校に上がったときは40代前半だったので、それほど意識はしなかったのですが、三男のときには50代になっていて、同級生のお父さんたちがみんな若いんですよ。しかも、三男の同級生の父親には、著名なスポーツ選手もいて、運動会となるとそうそうたる顔ぶれが集まる。そんな中で、あまりみっともない姿を見せられないという思いもありました。

 当時は経営者の間でパーソナルトレーナーをつけるのがブームになっていたので、私も紹介してもらうことにしました。でも、数回レッスンを受けただけで、やめてしまいました。というのも、そのトレーナーの方はスキーの国体選手だったそうなのですが、自分が目標にしたくなるような体型ではなかったんです。それでちょっと違うなと思ってしまって。もともと、人から何かを教わることが苦手で、小学生のときには塾通いができない子どもでした。要するに、昔から人の言うことを聞くのがイヤな人間だったんですね(笑)。

 ただ、パーソナルトレーナーをつけている経営者仲間に遅れを取ってはいけないと、自力でトレーニングを始めることにしました。そこで目をつけたのが、妻がテレビの通販番組で購入したものの、いつの間にか放置されていた「ステッパー」でした。ご存じの方も多いと思いますが、負荷をかけながら足踏み運動を行うことで、下肢や体幹が鍛えられるフィットネス器具です。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニングNEW

    中年にもなると、お腹がぽっこり出てくるのが気になる人も多い。特に薄着の季節になると、お腹が出ているのが気になり、何とか短期間で凹ませたいと思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、効率よくお腹を凹ませるために知っておきたい「内臓脂肪」の落とし方と、トレーニングのコツ、そしてお腹を凹ませる「ドローイン」のやり方について解説しよう。

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.