日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > 冷え&アトピー対策、多少のルール違反こそ長続きの秘訣【エステー鈴木社長】
印刷

私の「カラダ資本論」

冷え&アトピー対策、多少のルール違反こそ長続きの秘訣【エステー鈴木社長】

第2回 ベストコンディションで仕事に臨むために

 鈴木貴子=エステー取締役兼代表執行役社長(COO)

 仕事においては、やはりカラダが資本。多忙な中でも最高のパフォーマンスを発揮し続けるには、日ごろからの健康管理が欠かせない。一流人が実践する健康マネジメント術を紹介する本コラム。エステー鈴木社長の第2回目は、常にベストコンディションで仕事に臨むために実践していることを聞きました。いいと聞けば即実践、多少のルール違反はOKが鈴木流のようです。

あれこれ実践、冷え性対策

冷え症だからショウガは不可欠。すり下ろしてホットウイスキーにも入れています。
[画像のクリックで拡大表示]

 社長業は健康が第一。できるだけいいコンディションで毎日仕事ができるように気を配っています。

 風邪一つひいてはまずいと思っているので、免疫力を高めるために取り組んでいるのが冷え性の改善です。体が冷えていると、血液の循環が悪くなり、免疫力が低下してしまいます。私はひどい冷え性で、以前は手先が冷えて、電気毛布などで温めないと寝付けないほどでした。

 冷え性を克服すべく意識しているのが、体の内側から温めることです。私はショウガがすごく好きなので、料理に多用しているほか、冬はジンジャーティーを作って飲んでいます。ナイトキャップ(寝酒)は、すり下ろしたショウガ入りのホットウイスキーが私の定番です。

愛用のカイロ
[画像のクリックで拡大表示]

 また9月から3月くらいまでの間は、常時、おへそから指2本分くらい下にある気海と呼ばれるツボに使い捨てカイロを貼っています。このツボを温めると全身の血流がよくなると聞いてから実践しています。確かに血行が良くなり、体温も上がるようです。

「あの鈍痛がたまらない」

 この方法を知るまでは、よくヘアドライヤーでお腹を温めていました。「こんな用途でドライヤーを使う人はいないだろうな」と思っていたのですが、私と同じことをしている冷え性の人は結構いるようで、あながち間違いではなかったみたいです。

 これ以外にも、1年くらい前から月1回の割合で鍼灸院にも通っています。頭のてっぺんから顔から全身にはりを打つほか、冷えに効くツボにはお灸もしてもらっています。私の場合、頭のてっぺんにはりを打つと、頭の中で除夜の鐘が鳴っているかのようなじわーんとした鈍痛があります。それが何とも気持ちよくて、はまってしまいました。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 青魚のDHAやEPAで、血管を若返らせて、メタボも抑制!

    サバ、イワシなどの「青魚」の健康効果が注目されている。青魚にたっぷり含まれるDHAやEPAは、血管を若返らせ、メタボを抑制したり、認知症のリスクを下げる効果も期待できる。手軽に食べられる「サバ缶」や「イワシ缶」も人気で、カルシウムもしっかりとれるため、骨粗鬆症の予防にもなる。

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.