日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > 学生時代の遠泳部の経験がなければ今、ここにはいなかった【東京海上HD永野会長】  > 2ページ目
印刷

私の「カラダ資本論」

学生時代の遠泳部の経験がなければ今、ここにはいなかった【東京海上HD永野会長】

第2回 遠泳部の合宿を中心とした活動で体力と社会性を養った

 永野毅=東京海上ホールディングス

自然を相手にするには、体力と危険を事前回避する知識が必要

 海で泳ぐということは、自然を相手にするのですから危険も伴います。何かあった時のために、サポート用の船も何隻も必要です。それをクラブが自前で持っていたんです。寒い時期は泳げませんから、冬は船の整備や船体のコーティング、それにアルバイトして部費を稼いだりしていました。合宿を中心に、そんな生活を7年間通した学生時代でした。

慶應義塾大学の体育会にて海洋遠泳で活躍、写真は1年生時、左端の立ち上がっているのが永野会長。
慶應義塾大学の体育会にて海洋遠泳で活躍、写真は1年生時、左端の立ち上がっているのが永野会長。

 合宿中は毎日10km以上は泳いでいました。プールではそこまで泳がないんですが、海に出ると午前中に3km、午後に5kmプラスアルファという感じです。また、山登りと同じように目標を決めて、新しい挑戦をしたりするんです。大学4年の時には部としても初めての本格的横断遠泳である、“下田→大島遠泳”を成功させました。その後はさらに距離の長い大島から千葉の館山まで遠泳に挑んだり、どんどん新しいチャレンジをしてきました。この伝統は今でも後輩たちに脈々と受け継がれています。

 遠泳で10km、20km泳ぐには、30kmは泳げる体力がないといけません。それに夏とは言っても長時間泳ぐと体が冷えてくるので、寒さに耐えうる体も必要です。ですから、海で泳ぐ人は、プール競技の選手よりも体脂肪が多い、肉付きがいい体をしているんです。あとこれはなかなか鍛えられないのですが、大きなうねりの中を泳ぐと、船酔いと同じように、波酔いという状態に陥ることがあります。それに慣れていかないといけません。ですから、かなり体が総合的に鍛えられました。

 海洋遠泳は自然を相手にするものです。毎日、短波放送の天気予報を聴いて気圧配置を知り、等圧線を記入していって天気図を作るんです。それによって、波と風を予測して、その日泳げるのか、危険はないかの予測を立てるんです。そういった気象に対する知識も身につきました。会社に入ってからの仕事と同じで、準備が大切なんです。

泳ぐ時の小さなひとかきと、小さな仕事の積み重ねは同じ

 あと、万が一のことがあった時には地元の人たちに助けてもらわないといけません。海上自衛隊や海上保安庁に挨拶に行きましたし、そして漁業組合の人たちにはお酒やお土産も持って行きました。体と同時に、地元の方々と調和していくという、社会性も鍛えられましたね。

 海洋遠泳で40~50km泳ぐときには、非常に周到な準備が必要です。これは社会人の仕事も同じだと思います。遠泳をしている時には、果たしてゴールにたどり着けるのか、いつも考えていました。泳者なんて、大海原では本当に小さなものです。しかし地道に、着実に手足を動かして水をかいて行くことでゴールに近づくことができます。目的地について、砂浜に足をつけた時は、本当に到達感と達成感を感じます。そしてそこで思うんです。「あのひとかきがなかったら絶対ゴール出来なかった」と。当時は分かりませんでしたが、今となっては仕事も同じなんだと感じています。毎日の地道な努力の積み重ねこそが、目標に到達する早道だと。

 遠泳をやっていて身に付いた精神性やその時の気持ち、そして社会性が会社に入ってからも役立っていることは確実です。学生時代、特に保険会社を目指していたわけでないのですが、遠泳部の先輩がこの会社にいて、熱心に誘ってくれたんです、「すごく魅力的な人がたくさんいるよ」と。前回少し言いましたが、弊社の水泳部は歴史もあり強い部でしたから、泳げる人材を継いでいくことが必須でした(笑)。

 しかし、本当に学生時代に経験した遠泳のひとかきひとかきがなければ、今、ここにいなかったと思っています。仕事でも自分の一つの行動が、本当に役立っているのかなと思うことがあります。でも、今やらなければいけないこと、目の前の課題や問題を一つずつ確実に実行し、解決していくことが最後には大きな成果になって現れるものだと自分なりに信念を持ってやってきたつもりです。

(まとめ:松尾直俊=フィットネスライター/写真:村田わかな)

私の「カラダ資本論」【東京海上HD 永野会長】

第1回 毎日着実に運動をすることが、体の衰えを防ぐ
第2回 学生時代の遠泳部の経験がなければ今、ここにはいなかった
第3回 在宅ワーク期間の適切な食事と運動で、健康的に体重減
永野毅(ながの つよし)さん
東京海上ホールディングス会長
永野毅(ながの つよし)さん 1952年11月9日生まれ、高知県出身。1975年、慶應義塾大学商学部卒業後、東京海上火災保険入社。法人営業などを経て、ロサンゼルス駐在員などを経験し、2004年10月に同社執行役員東海本部名古屋営業第三部長に。その後、同社常務執行役員、東京海上日動火災保険専務取締役、取締役副社長、取締役社長などを経て、13年6月に東京海上ホールディングス取締役社長に就任。19年6月に現職である、同社取締役会長に。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.