日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > 毎日着実に運動をすることが、体の衰えを防ぐ【東京海上HD永野会長】  > 2ページ目
印刷

私の「カラダ資本論」

毎日着実に運動をすることが、体の衰えを防ぐ【東京海上HD永野会長】

第1回 仕事と運動のメリハリをつけることが大切

 永野毅=東京海上ホールディングス

学生時代からの水泳は、エネルギー消費量が少ないことに気がついた

 話は変わりますが、僕は高校と大学時代に水泳、と言っても遠泳をやっていたんです。会社に入る時、入社後は水泳部に入って10年は選手として続けるようにと言われました(笑)。実は、うちの会社の水泳部は、全損害保険水泳大会で50連勝くらいしているんです。それだけ熱心だったんですね。それからずっと続けていて、社長になってからもコンスタントに泳いでいました。幸いなことに住んでいるマンションの近くにスポーツクラブがあったので、そこで泳いでいたんです。

慶應高校時代、水泳部にて活躍。写真は高校1年生時、2列目右から2番目の賞状を持っているのが永野会長。

 ところがある日、気がついたんです。遠泳をやっていたので楽に、スムーズに泳げてしまう。僕にとっては熱消費効率が良くないんですよ。遠泳を本格的にやっていた頃は、インターバルトレーニングも取り入れていたので、心肺機能や筋肉にも負荷がかかっていました。しかし、その後は楽に長く泳いでいたので、水泳は気分転換やストレス解消になっても、エネルギー消費しないので運動にはなっていないと(笑)。

 そこで、です。僕は水泳よりも歩いたり、ゴルフをしたりするほうが、短時間で効率の良い運動になるんじゃないかと考えたんです。それから熱心にゴルフをやるようになりました。

 妻は「そんなに歩きたければ、別にゴルフだけじゃなくて、普通の道を歩けばいいじゃない」と言うんです。そこで休みの日には家から結構遠くまで歩いたりしていましたが、単純に歩くだけってつまらないじゃないですか。ぜいたくな散歩ですが、僕にとってのゴルフは、歩くためのものなんですよ(笑)。

 今の目標は、エイジシュートというのがありますが、僕の場合は、“エイジラウンド”です。今年68歳なので、年間68ラウンド回りたいと思っています。そして来年は69ラウンド…、と増やしていきたいですね。100歳になったら100ラウンド(笑)。エイジシュートは、今からどんなに頑張っても無理だと思いますが、僕は着実に、毎日コツコツとやっていくことに向いているんで、エイジラウンドであれば努力すれば達成可能だと思っています。

毎朝のマンションの中での運動が、足腰のトレーニングに

 それ以外にも、社長になってから現在までの7年間、毎日やっていることがあります。まず、起床後は必ず家でラジオ体操をやります、と言っても、音楽は自分で口ずさむんですが(笑)。それからストレッチをやって、腹筋と背筋の自重を使った軽いトレーニング。次にゴムチューブを使ってスクワットです。

 それが終わると、住んでいるマンションが結構大きな建物なので、そのフロアの内廊下を2周歩くんです。そのまま住んでいるフロアからエレベーターを使って10階ほど降り、非常階段使って登ってくるんです。だいたい、190段くらいありますね。そして最後は、またフロアを2周して仕上げです。

 建物の中を使うので、雨の日も雪の日も、毎日できるんです。7年間毎日やってますから、マンションの同じフロアの人や清掃の人からは初めの頃は随分不審な目で見られましたが、最近はみなさんと顔見知りになりました。小学生の子どもたちもあいさつしてくれます。

 毎日やるというのが大切だと思っています。週に数回、ジムに通ってやるのも悪くないと思いますが、僕はマシンを使ったトレーニングがあまり好きではないんです。それに先ほども言いましたが、僕は着実に積み上げていくという行動に向いているので、毎日のトレーニングが足腰を弱めないことに役立っていると思います。もちろん、これからも続けていきますよ。

(まとめ:松尾直俊=フィットネスライター/写真:村田わかな)

私の「カラダ資本論」【東京海上HD 永野会長】

第1回 毎日着実に運動をすることが、体の衰えを防ぐ
第2回 学生時代の遠泳部の経験がなければ今、ここにはいなかった
第3回 在宅ワーク期間の適切な食事と運動で、健康的に体重減
永野毅(ながの つよし)さん
東京海上ホールディングス会長
永野毅(ながの つよし)さん 1952年11月9日生まれ、高知県出身。1975年、慶應義塾大学商学部卒業後、東京海上火災保険入社。法人営業などを経て、ロサンゼルス駐在員などを経験し、2004年10月に同社執行役員東海本部名古屋営業第三部長に。その後、同社常務執行役員、東京海上日動火災保険専務取締役、取締役副社長、取締役社長などを経て、13年6月に東京海上ホールディングス取締役社長に就任。19年6月に現職である、同社取締役会長に。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

  • 早期発見、早期治療で治す「大腸がん」 適切な検査の受け方は?

    日本人のがんの中で、いまや罹患率1位となっている「大腸がん」。年間5万人以上が亡くなり、死亡率も肺がんに次いで高い。だがこのがんは、早期発見すれば治りやすいという特徴も持つ。本記事では、大腸がんの特徴や、早期発見のための検査の受け方、かかるリスクを下げる日常生活の心得などをまとめていく。

  • 放置は厳禁! 「脂肪肝」解消のコツ

    人間ドック受診者の3割以上が肝機能障害を指摘されるが、肝臓は「沈黙の臓器」だけあって、数値がちょっと悪くなったくらいでは症状は現れない。「とりあえず今は大丈夫だから…」と放置している人も多いかもしれないが、甘く見てはいけない。肝機能障害の主たる原因である「脂肪肝」は、悪性のタイプでは肝臓に炎症が起こり、肝臓の細胞が破壊され、やがて肝硬変や肝がんへと進んでいく。誰もが正しく知っておくべき「脂肪肝の新常識」をまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.