日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > 25歳でプロ宣言。それで吹っ切れた【Tリーグ 松下チェアマン】  > 2ページ目
印刷

私の「カラダ資本論」

25歳でプロ宣言。それで吹っ切れた【Tリーグ 松下チェアマン】

第3回 卓球でも組織運営でも失敗引きずらない

 松下浩二=Tリーグ チェアマン

考え方を変えてプレッシャーに打ち勝つ

 もともとが負けず嫌いなんです。何か人から言われたり、できそうもないと言われたりすることでも、それを乗り越えようという気持ちになるんです。難しければ難しいほど、それをエネルギーに換えているのかもしれませんね。発想の転換というか、考え方を変えてしまえば、ストレスやプレッシャーには十分に打ち勝てると思うんです。

 精神的タフネスは、卓球を通して身に付けたんだと思います。経験値を積んでいけば、人は強くなれます。特に25歳のときにそれまで勤めていた会社を辞めて、プロ選手になると宣言した経験は大きかった。「人生は1度しかないからやりたいことやろう」と吹っ切れたように思います。以来、何かにチャレンジすることに躊躇(ちゅうちょ)がなくなりました。

 気分転換のスポーツとしては、ゴルフが好きです。もっとも最近はあまりプレーできていませんが。

 また気心の知れた、利害関係のない友達と会うことでストレスを発散しています。愚痴を言いたときもあれば、ふざけたいときだってあります。そんなとき、古くからの友人がすごく助けになっています。友人との会話が心と体の健康とバランスを保つ糧になっていることは確かです。

卓球の新リーグがいよいよ開幕

 Tリーグがモデルにしているドイツ卓球リーグのトップ選手の多くは、企業と年間契約を結んでプレーしています。一年一年が真剣勝負で、うまく行くも行かないも、自分次第です。Tリーグはそうしたプロ選手も活躍できる、プロ・アマの混合リーグです。ラケット1本で生活できる仕組みを整えることは、日本の卓球界のためだと考えています。

 Tリーグの開幕は10月。男子が24日で、女子が25日です。会場はどちらも両国国技館になります。全ての卓球少年・少女たちに夢を与え、社会に貢献していきます。

(まとめ:松尾直俊=フィットネスライター/インタビュー写真:村田わかな)

松下浩二(まつした こうじ)さん
Tリーグ チェアマン
松下浩二(まつした こうじ)さん 1967年愛知県出身。小学校3年生のときに卓球を始める。明治大学在学中の87年に全日本選手権ダブルスで初優勝。卒業後、協和発酵キリンに入社し1992年のバルセロナ五輪出場。93年にプロ宣言し、日産自動車と契約。同年の全日本選手権男子シングルで優勝。95年、日本選手権男子シングルで優勝。96年のアトランタ五輪ではシングルでベスト16、ダブルスでベスト8に進出。97年に世界選手権マンチェスター大会ダブルスで3位に。同年に日本人として初めてドイツの卓球リーグ「ブンデスリーガー」に活躍の場を移す。2000~01年シーズンに日本人で初めてフランス卓球リーグの選手となる。01年と02年全日本選手権シングル連続優勝。04年にアテネ五輪で4度目の五輪出場を果たした。09年1月の全日本選手権を最後に現役引退。10年に卓球用品総合メーカー、ヤマト卓球(現ヴィクタス)の社長に就任。17年にTリーグ設立のために社長の座を退き、チェアマンに就任。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 健康長寿の生命線! 放置は禁物 「腎臓」の異常値NEW

    生命維持に欠かせないさまざまな機能を担っている腎臓は、よほど悪くならない限り悲鳴を上げない「沈黙の臓器」でもある。本記事では、大切な腎機能が失われる前に、異常値にどう対処すればいいか、腎臓を守るためにはどのような生活習慣に気を付けていけばいいかについて解説する。

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.