日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > 卓球の新リーグ迫る、多忙の合間に運動【Tリーグ 松下チェアマン】  > 2ページ目
印刷

私の「カラダ資本論」

卓球の新リーグ迫る、多忙の合間に運動【Tリーグ 松下チェアマン】

第1回 街中では早歩き、エスカレーターも使わず

 松下浩二=Tリーグ チェアマン

スマホの健康アプリで歩数を確認

 しかし今は運動の時間がまとまって取れません。今、卓球の新リーグ「Tリーグ」のチェアマンを務めていますが、2018年10月の開幕に向けて、行政やスポンサーとの打ち合わせや会食、リーグ事務局内の会議などに追われ、自分のための時間が作れなくなっています。

 その分、多忙の合間を縫って、日常生活の中でできるだけ体を動かすように心がけています。頼りにしているのが、スマートフォンに入れている歩数を計数する機能がついた健康管理アプリです。それによるとだいたい1日1万歩以上は歩いています。距離にすると8~9kmです。

 歩くペースはかなり速い方です。早歩きするのは運動のためだけではありません。例えば打ち合わせなどでどこかに出向く時も、約束の時刻よりもできるだけ早く着いて、時間的な余裕を持ちたいという動機もあります。まあ、Tリーグの事務局にいる時でも、せかせかと歩いていますけどね(笑)。

 駅やビルの中では極力エスカレーターやエレベーターの使用は避け、階段を使うようにしています。特にエレベーターは、待っている時間があるので、それがもったいないし、階段を使った方が早い。せっかちな性格なんでしょうか(笑)。それにタクシーもできるだけ使わないようにしています。

 また、自宅では朝にテレビを見ながら腹筋運動や腕立て伏せ、スクワットなど、一通りの「自重筋力トレーニング」をやっています。現役時代に比べれば微々たる、本当に軽いものですが、それでも筋肉が刺激されます。

 朝に軽く運動し、外出時にはできるだけ速く歩き、階段を上り下りする。1つひとつは小さなことかもしれません。それでも「ちりも積もれば山となる」です。多忙な私にとって合間の時間は、健康を維持するための貴重な運動の機会です。

(まとめ:松尾直俊=フィットネスライター/インタビュー写真:村田わかな)

松下浩二(まつした こうじ)さん
Tリーグ チェアマン
松下浩二(まつした こうじ)さん 1967年愛知県出身。小学校3年生のときに卓球を始める。明治大学在学中の87年に全日本選手権ダブルスで初優勝。卒業後、協和発酵キリンに入社し1992年のバルセロナ五輪出場。93年にプロ宣言し、日産自動車と契約。同年の全日本選手権男子シングルで優勝。95年、日本選手権男子シングルで優勝。96年のアトランタ五輪ではシングルでベスト16、ダブルスでベスト8に進出。97年に世界選手権マンチェスター大会ダブルスで3位に。同年に日本人として初めてドイツの卓球リーグ「ブンデスリーガー」に活躍の場を移す。2000~01年シーズンに日本人で初めてフランス卓球リーグの選手となる。01年と02年全日本選手権シングル連続優勝。04年にアテネ五輪で4度目の五輪出場を果たした。09年1月の全日本選手権を最後に現役引退。10年に卓球用品総合メーカー、ヤマト卓球(現ヴィクタス)の社長に就任。17年にTリーグ設立のために社長の座を退き、チェアマンに就任。

先頭へ

前へ

2/2 page

日経グッデイ初割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 始めよう筋トレ 最低限やりたいエクササイズと食生活のポイント

    筋トレはできるだけ若いうちに始めることに大きなメリットがあるといわれる。それはなぜなのか。また、どんな筋肉をどのように鍛えるのが効果的なのか。高齢になってもしっかりした足腰でいるために今のうちから最低限やっておきたい筋肉エクササイズ、食生活の注意点などを知り、今年こそ「筋トレ習慣」を身に付けよう。

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday初割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.