日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > 卓球の新リーグ迫る、多忙の合間に運動【Tリーグ 松下チェアマン】
印刷

私の「カラダ資本論」

卓球の新リーグ迫る、多忙の合間に運動【Tリーグ 松下チェアマン】

第1回 街中では早歩き、エスカレーターも使わず

 松下浩二=Tリーグ チェアマン

様々な分野で活躍する一流人が実践する健康マネジメント術を紹介する本コラム。今月は2018年10月に幕を開ける卓球の新リーグ「Tリーグ」のチェアマンである松下浩二さんにお話を伺っていく。松下さんは、中学生時代に頭角を現し、トップ卓球選手として日本国内での活躍はもちろんのこと、国際舞台でも世界選手権での入賞や4度の五輪出場を果たした。日本初のプロ卓球選手として、ドイツやフランスの卓球リーグでも活躍。現役を引退した現在は、Tリーグの開幕へ向けて多忙な毎日を送っている。今回は、「トレーニングの時間が取れない」という松下さんに、日常生活の中で実践している運動法について語ってもらった。

 久しぶりに会う方からは、よく「現役の時代から体形が変わりませんね」と言われるんですが、実は現役を引退してから、体重が10kgも増えているんです。2009年1月の全日本選手権を最後に現役を引退した時は63kgでした。それが今73kgですから、1年に約1kgずつで増えている計算になります。主に腹回りに肉がついてしまっているんですよ(笑)。服を着ていると、あまりわからないのかもしれませんが。

[画像のクリックで拡大表示]

 そうなってしまったのは、やはりトレーニングしたり、卓球をプレーしたりする時間が少なくなくなってしまったからです。それこそ現役のころは、腹筋を1日に1000回するなど筋トレもかなりやっていました。今考えれば、それが卓球に必要な強い体作りにどれだけ役立っていたのかは疑問ですが(笑)。とにかく当時はトレーニングや練習をすればした分だけ、よい成績が収められると信じていたわけです。

 私たちの時代は、そういう基礎体力をつける練習に長い時間をかけることが常識でした。本来であれば、実力が一定に達すると戦術的な練習や、「パターン練習」と呼ぶ連続技の練習など、技術を磨くトレーニングを中心に据えないといけません。その点、今の卓球選手の練習は、以前と比べて非常に合理的になっています。基礎体力を強化するトレーニングは、パッと終わらせて、技術力を高めることに重点を置くようになっています。

 引退した次の年に私は卓球用品総合メーカーのヤマト卓球(現ヴィクタス)の社長に就任しました。直接卓球に関わる仕事だったので、引退しても時々人に頼まれて卓球講習会で教えたり、トレーニングをしたりと、まだ、体を動かす機会があったんです。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 青魚のDHAやEPAで、血管を若返らせて、メタボも抑制!

    サバ、イワシなどの「青魚」の健康効果が注目されている。青魚にたっぷり含まれるDHAやEPAは、血管を若返らせ、メタボを抑制したり、認知症のリスクを下げる効果も期待できる。手軽に食べられる「サバ缶」や「イワシ缶」も人気で、カルシウムもしっかりとれるため、骨粗鬆症の予防にもなる。

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.