日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > 遊び心と刺激で心身のパフォーマンスを向上【ビズリーチ・南社長】
印刷

私の「カラダ資本論」

遊び心と刺激で心身のパフォーマンスを向上【ビズリーチ・南社長】

第2回 発想力と集中力を高めるこだわりのオフィスと月イチ旅行

 南 壮一郎=ビズリーチ社長

 仕事においては、やはりカラダが資本。多忙な中でも最高のパフォーマンスを発揮し続けるには、日頃からの健康管理が欠かせない。一流人が実践する健康マネジメント術について紹介する本コラム、ビズリーチ・南壮一郎社長の第2回目のテーマは「心身のパフォーマンスを上げる工夫」だ。「発想力や集中力を高めるには、遊び心や刺激が大切」と話す南社長ならではの、オフィス空間へのこだわりや、ルーティンから抜け出す工夫を聞いた。今日からでもマネできそうな様々なアイデアに筆者も取材中、思わず前のめりに…。

オフィスのエントランスに入ると、そこはまるで異空間

「Work Hard, Play SUPER Hard」をモットーに仕事にも遊びにも全力投球しています
[画像のクリックで拡大表示]

 ビズリーチには「Work Hard, Play SUPER Hard」というモットーがあります。仕事も遊びも全力投球で楽しむといった意味ですね。私にとって、仕事は遊びの延長線上にあるようなもの。仕事には多くの時間を費やすからこそ、仕事自体を楽しむことと、遊び心が不可欠だと思っています。

 現在のオフィスをリニューアルした際も、遊び心を大切にしました。社員のフリースペースやミーティングスペースも兼ねているエントラスは、グリーンの芝が広がり、海やその波が打ち寄せるビーチの雰囲気も楽しめる、リゾートのような空間になっています。

ミーティングスペースなども兼ねたエントラスは公園のような雰囲気
[画像のクリックで拡大表示]
プロジェクションマッピングで実現した海(写真奥)には、沖縄から取り寄せたサンゴの砂を敷き詰めた
[画像のクリックで拡大表示]

 当初は社員の約半数を占めるエンジニアをはじめとしたプロダクトメンバーが自然を感じてリラックスできるような空間がいいと思い、緑を多く配し、実際に水を流そうと考えました。でも、ビルの管理会社に反対されまして(笑)。そこで、エンジニアリングチームが「3DCGバーチャルリアリティー」の技術を駆使した海を作ろうと、ITカンパニーらしいアイデアを提案してくれたのです。

 どうせやるなら徹底したほうが面白いので、ビーチには沖縄からサンゴの砂を2トン運んできて敷き詰めました。サンゴの砂浜に打ち寄せる波の音も聞こえ、波に触れれば水面に波紋が広がります。

 オフィスとはまた違った雰囲気の中でミーティングや仕事をすれば、会話が弾んだり、ユニークなアイデアが生まれたりする。そう考えて、特にプロダクト側の社員に向けては、彼らが集中できる環境や仕組みも用意しています。

照明を落としたクワイエットルーム
[画像のクリックで拡大表示]

 例えば、クワイエットルームと呼ぶスペースでは、照明を落として、静かな雰囲気を演出。声も出さないようにして、集中できる空間になっています。漫画喫茶やインターネットカフェのような個室のスペースには、マットやクッションがあり、横になって仕事をすることもできます。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.