日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > 筋トレや食事制限の習慣化のコツは「トリガー」を作ること【ビズリーチ・南社長】
印刷

私の「カラダ資本論」

筋トレや食事制限の習慣化のコツは「トリガー」を作ること【ビズリーチ・南社長】

第1回 レースという「非日常」を日常に生かす

 南 壮一郎=ビズリーチ社長

 仕事においては、やはりカラダが資本。多忙な中でも最高のパフォーマンスを発揮し続けるには、日頃からの健康管理が欠かせない。一流人が実践する健康マネジメント術について紹介する本コラム、今回は転職サイトなどを運営するビズリーチの南壮一郎社長にご登場いただく。社長として週100時間以上働く生活をしながらも、年に1回はトライアスロンのレースに出場するという南社長。多忙を極める中であえてレースに挑むのには深い理由があった。

年に1回はトライアスロンのレースに出場。そのワケは?

 7年ほど前から1年に1度、トライアスロンのレースに出場しています。中学から大学までサッカー部に所属するなど、習慣的にスポーツをしてきたものの、起業して多忙を極めるようになると、運動をする機会も減ってきました。そこで、レース出場という目標を掲げて、必然的にトレーニングをする状況を作ったのです。

[画像のクリックで拡大表示]
今年も、秋の大会にエントリーしています。

 参加するレースは、その時々のスケジュールや友人の誘いなどによって決めています。これまで「銚子マリーナ トライアスロン大会」「石垣島トライアスロン」などに参加してきました。今年は秋の大会にエントリーしているので、そろそろトレーニングを始めたいと思っています。トライアスロンの大会はさまざまな地域で開催されているので、旅行気分が味わえるのもいいですね。

 トレーニングはレースの4~6カ月前にスタートします。スポーツジムでの筋トレなどで成果が出て、体が引き締まってくると、さらに意欲が高まってきます。体重を落とすために、食べるものに気をつけたり、量を控えたり。早朝に走るために、早めの就寝を心がけたり…。レースという「非日常」を日常に取り入れることで、それを中心とした生活リズムができてきます

食事は社内のランチ会でコントロール

 普段の食事は1日2回。朝食は食べません。私はどうも、食べた後は眠くなりがちなので、それを避けるために、朝食抜きが習慣化しています。夜はどうしても会食が多くなるので、自分でコントロールするのは難しい。そのため昼食で、食べるものや量を調整するようにしています。

 昼食は社内で打ち合わせを兼ねてとったり、社員と一緒にとったりすることがほとんどです。1週間に1度の役員ランチのほか、社員のバースデーランチもあります。今は約700人の従業員がいるので、その月ごとに2~3チームに分かれて開催しています。各部門で結果を出した社員とのMVPランチ、新入社員や中途採用者とのウェルカムランチなどもあるので、必然的に回数も多くなるんですね。社員との食事なら、ごはんなどの炭水化物を抜いて、惣菜だけを食べるといったこともしやすいです。

1/2 page

最後へ

次へ

日経グッデイ初割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 始めよう筋トレ 最低限やりたいエクササイズと食生活のポイント

    筋トレはできるだけ若いうちに始めることに大きなメリットがあるといわれる。それはなぜなのか。また、どんな筋肉をどのように鍛えるのが効果的なのか。高齢になってもしっかりした足腰でいるために今のうちから最低限やっておきたい筋肉エクササイズ、食生活の注意点などを知り、今年こそ「筋トレ習慣」を身に付けよう。

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday初割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.