日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > 居合の動きで集中力と活力を高める【東京個別指導学院 齋藤社長】  > 2ページ目
印刷

私の「カラダ資本論」

居合の動きで集中力と活力を高める【東京個別指導学院 齋藤社長】

第1回 仕事も健康マネジメントも「ホスピタリティ」が軸

 齋藤勝己=東京個別指導学院

非日常を体感する居合と水泳

 運動は、10代の頃に居合の手ほどきを受けたことがあり、週末に木刀を振ることがあります。本格的に習ったわけではありませんが、居合の姿勢や呼吸の整え方、「静中動あり」といった身のこなし方は、体と心のバランスを整えてくれます。

 木刀を振り、スッと静止する動きを繰り返していると、集中力が高まり、エネルギーに満ちてくる実感があります。非日常のアクセントにもなっていますね。

 いつもとは違う「非日常」を体感するのを目的に、プールで泳ぐこともあります。最近は残念ながらあまりできていませんが、水の中をゆっくりと泳ぐとリラックスできますね。私たちは陸で生活していますが、水の中を泳いでいると、魚になったような気持ちになって、普段何気なくしている「陸を歩く」ということは、当たり前のことではないんだなと気づかされます。

「歩く」ことがアイデアの源泉に

 日常では、歩くことが大好きです。運動のためにというわけではなく、「歩く」ということ自体が好きなんですね。また、いい景色を見ながら歩くことを楽しむ人も多いと思いますが、私の場合は、景色がいいかどうかは気にしません。

 歩く時にはメモ用紙とペンを、必ずパンツのポケットに入れています。歩いているときは思考がよく回って、いいアイデアが浮かびます。仕事中に考え事をしたい時にも、オフィスを離れて、ビルの周辺を歩きます。東京個別指導学院の本社は新宿にありますが、時には3km近く離れた四谷のあたりまで歩くこともあります。そんな感じで、仕事中にもよく歩くので、1日の歩数は1万歩にはなりますね。

 休日の朝は、10kmほど歩きます。新型コロナウイルスの感染拡大で緊急事態宣言が発令され、ステイホームとなった期間はなかなか歩けなかったものの、解除されてからはいつも以上によく歩きました。1日2万歩くらい歩いていたかもしれません。運動不足の時には、神社の階段の上り下りもしています。

 ただ「歩く」ことはそれほど負荷がかからないので、自分の体に対するホスピリティにも優れています。考え事をしたり、アイデアを創出したりするために歩くことが、結果としていい運動になり、健康にもつながっている。そんなふうに感じています。

10代のころに手ほどきを受けた居合は、体と心のバランスを整えてくれるという。
10代のころに手ほどきを受けた居合は、体と心のバランスを整えてくれるという。

(まとめ:田村知子=フリーランスエディター/写真:村田わかな)

私の「カラダ資本論」【東京個別指導学院 齋藤社長】

第1回 居合の動きで集中力と活力を高める
第2回「セルフトーク」でストレスと上手に付き合う
第3回 ホテルマンとして学んだホスピタリティの本質
齋藤勝己(さいとう かつき)さん
東京個別指導学院代表取締役社長
齋藤勝己(さいとう かつき)さん 1964年埼玉県生まれ。87年中央大学経済学部卒業後、富士屋ホテル入社。98年日本教育研究会(現東京個別指導学院)入社。教室長、営業本部長などを経て、2014年から現職。小中高生を対象とする個別指導塾を直営で261教室展開(2020年7月現在)。3万5000人の生徒が通い、講師は大学生を中心に1万1000人を超える。経済同友会会員、日本ホスピタリティ推進協会理事兼教育産業委員長。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニングNEW

    中年にもなると、お腹がぽっこり出てくるのが気になる人も多い。特に薄着の季節になると、お腹が出ているのが気になり、何とか短期間で凹ませたいと思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、効率よくお腹を凹ませるために知っておきたい「内臓脂肪」の落とし方と、トレーニングのコツ、そしてお腹を凹ませる「ドローイン」のやり方について解説しよう。

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.