日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > 入院経験から得た「健康、安全第一。仕事はその次」【サッポロビール高島社長】  > 2ページ目
印刷

私の「カラダ資本論」

入院経験から得た「健康、安全第一。仕事はその次」【サッポロビール高島社長】

第1回 大学時代はラグビーに打ち込んだ

 高島英也=サッポロビール

新日鉄釜石の合宿で知った体幹力の作り方

 私たちの大学はフォワードが強いのが売りでした。ちょうど当時、新日鉄釜石が全日本4連覇中で、岩手県の釜石に行って一緒に合宿をやらせてもらったりしていました。練習で教えてもらえたのが体幹力の作り方です。

 印象に残っているのは、ボールを使わない練習です。30分間、転んで起きて、転んで起きて、ダッシュしての繰り返しだけなんです。チームのみなさんは会社員で、交替勤務で仕事をやっていました。14時くらいに一直勤務が終わって、私たちが練習させてもらっているグラウンドに、全日本クラスの選手たちがパラパラとやってきて、その練習をやって、帰っていくんです。全メンバーが集まって、ボールを使う合同練習は週1回だけという話でした。それで圧倒的に強いチームを作り上げている。体幹力の強さはこうやって作られていくんだなと、思い知らされました。

 会社に入ってからは、運動を甘く見ていましたね。最初は大学があったのと同じ仙台の工場勤務でしたが、市内のクラブチームから誘いがあってラグビーをやっていました。年に5~6回は試合があるものですから、それなりに体を作るということはできていました。

 30歳少し前に大阪工場に異動になったのですが、そこには何と、会社のラグビーチームがあったんです。学生時代にラグビー経験がない人もいましたし、何人かは会社以外から助っ人に呼ばないとけない状態でしたが、ちゃんとしたラグビーをやっていましたよ。

左肩脱臼と過敏性肺炎の入院でわかった健康の大切さ

 運動を持続していたのは34歳くらいまでです。ラグビーの試合中に左肩を脱臼したことがあり、妻から「もういい加減、ラグビーはやらないでよ」と言われてしまったんです。会社経営者の義父からは「君は大企業病に侵されている。中小企業の経営者だったら、けがをして仕事に穴をあけてしまったら大損害だよ。それで仕事を継続しようなんて考えが甘いよ」とすごく怒られてしまいました。

 それからラグビーは全くやっていません。今、会社全体を見る立場になると、確かに義父の言う通りなんです。ラグビー経験とその中でやってきたトレーニングによって、“自分は強い”という思い上がりがあったんですね。健康のこともあまり意識したことはなかったですから。

 36歳で千葉工場勤務になったとき、過敏性肺炎を患って2カ月間入院してしまったんです。当時住んでいた家のベランダでミニトマトを栽培していたプランターに、家庭で出る生ごみを堆肥化させた肥料を使っていました。生ごみを菌が分解し、最後はサラサラになるんです。それをブランターの土に入れると、白カビが発生します。その土を返すときに、定期的に吸っていたんですね。それで抗原抗体反応が出てアレルギーです。

 入院していた病室は、病院の最上階、9階の清浄な部屋でした。集中治療室がある一角で、周りは生死に関わる患者さんばかり。そこで「健康というのは、本当に大切なことなんだ」ということを思い知らされました。

 健康だけでなく、安全への配慮についても思い知らされた経験があります。工場勤務時代に高校を出たての新入社員にけがをさせてしまったことも悔いが残っているんです。けがの原因は、彼の不注意ではあるのですが安全に対しての指導ができなかったことが、今でも悔やまれるんです。

 その二つがきっかけとなって、健康と安全が何よりも大切だと思い始めました。それは今でも変わりません。そして北海道で営業部門の長(北海道本部長)に就任したとき、朝礼でみんなに伝えたのが「健康、安全第一。仕事はその次」ということでした。特に「仕事はその次」を強く言わないと、みんな守ってくれないと思いまして、強調しました。すると結構反発があるんですよ、「私たちは命かけて仕事をやっているんですよ」と(笑)。しかし、健康を害してしまったり、けがをしてしまったりしては、仕事もできません。その思いは、今も続いています。

(まとめ:松尾直俊=フィットネスライター/写真:村田わかな)

 次回は、日々の運動などについて伺います。

私の「カラダ資本論」【サッポロビール高島社長】

第1回 入院経験から得た『健康、安全第一。仕事はその次』
第2回 毎日のウォーキングが健康維持の秘訣
第3回 社内での声かけと、笑顔が健康意識を高める
高島英也(たかしま ひでや)さん
サッポロビール代表取締役社長
高島英也(たかしま ひでや)さん 1959年福島県生まれ。東北大学農学部卒業後、82年にサッポロビール入社。主に醸造部門を専門とし、2007年に仙台工場長就任。09年取締役兼執行役員経営戦略本部長に。12年、常務執行役員北海道本社代表兼北海道本部長就任。15年からはポッカサッポロフード&ビバレッジ取締役専務執行役員やポッカサッポロ北海道取締役会長も務める。17年1月に現職に就き、現在に至っている。

先頭へ

前へ

2/2 page

日経グッデイ初割春割キャンペーン2022

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 放置すると命を脅かす「高血圧」 140未満でも油断禁物

    収縮期血圧(上の血圧)が基準値の140より低くても130以上であれば「高値血圧」と言い、生活改善が望まれる。そこで本記事では、なぜ血圧を下げる必要があるのかや、手軽で効果的な「血圧リセット術」について紹介する。今年こそ、高血圧を改善しよう。

  • 健康長寿の生命線! 放置は禁物 「腎臓」の異常値

    生命維持に欠かせないさまざまな機能を担っている腎臓は、よほど悪くならない限り悲鳴を上げない「沈黙の臓器」でもある。本記事では、大切な腎機能が失われる前に、異常値にどう対処すればいいか、腎臓を守るためにはどのような生活習慣に気を付けていけばいいかについて解説する。

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday初割キャンペーン2022

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.